ホーム > 企業を成長させる資金調達指南

企業の成長を考えた資金コンサルティング

社労士事務所は、本来、お客さまの「お金」の面の課題(悩み・問題)には関与しない存在です。なぜならば、その分野の専門的な知識やノウハウを持ち得ないからです。
しかし、当事務所は、これら通常の社労士事務所とは、業務メニューからして少し違います。
先にも述べましたとおり、代表の井溝が長らく都市銀行に勤務し、中小企業向けの貸付けノウハウを豊富に身に付けております関係上、当事務所は、経営コンサルタント事務所としても、競合する他の士業などに比べ、より戦略的かつ実効的な「お金」の面のコンサルティングができるのです。
なおかつ、当事務所は、あくまでも社労士事務所として成り立っています。このため、通常メニューの労務顧問契約を結んでいただいたお客さまに対して、「お金」の面のコンサルティング業務にかかる別料金はいただいておりません。経営者の皆さまなら、このサービス形態の意味するところや、お得感について、よくご理解いただけるものと思います。
当事務所は、中小企業の成長には、資金繰りや資金調達など、「お金」面のコンサルティングが必要と考えています。また、これに合わせ「お金」と「人」の両面の課題をワンストップで解決できる存在として、お客さま企業の成長に寄与していきたいと考えています。

資金調達が必要な時期とは

資金調達が必要な時期、タイミング

中小企業は、成長していく過程で、いろいろな「お金」の面の経営課題が発生します。
また、それと同時に、課題を解決するための、資金調達の需要が発生します。
以下のような「お金」の面の経営課題をお持ちのお客さまは、是非、当事務所まで、お気軽にご相談ください。

  • 新しい設備を導入したい(設備資金の需要)
  • 売掛金が増加している(収支ギャップを埋める増加運転資金の需要)
  • 手形回収の販売先ができた(資金化のための商業手形割引の需要)
  • 従業員を増やしたい(人件費支払準備のための増加運転資金の需要)
  • 新規事業に参入したい(事業計画に基づいた運転・設備資金の需要)
  • 有利な条件なら借り換えたい(金利面ほかの条件改善の需要)
  • 利益が出た(納税のための短期運転資金の需要)
ほかにも、賞与を出したい、店舗を出したい、社屋を購入したいなど。

資金調達が巧く行かないと、お金の回りが悪くなり、中小企業の成長が止まってしまいます。
しかし、金融機関から「必要な資金を必要なだけ調達すること」は、難易度の高い経営課題のひとつであるとともに、経営者の誰もが抱えている悩みのひとつです。
このため、経営者の皆さまの中には、なかなか良い解決策が見つけられない方も、いらっしゃることでしょう。

当事務所は、共に歩む経営パートナーとして、中小企業の資金調達の課題を解決します。
ページトップ

企業の成長を考えた「お金」のやりくり

事業の成長を目指す「お金」のやりくり

創業(会社の設立)から数年経ち、ここから更に成長を目指したい中小企業であれば、上記のような資金調達の課題に直面することでしょう。
また、どの中小企業も、経営基盤が安定するまでの間は、何かとお金が要るものです。
しかし、この時期の中小企業は、まだ担保物件、保証人などに乏しく、なかなか必要な分の資金調達に苦労することが多いものです。
しかし、資金調達が巧く行かないと、中小企業の成長は、止まってしまいます。
当事務所なら、銀行の貸付けノウハウを活かし、「お金」の面から手助けできることがあります。

上手な資金調達(借入れ)の仕方

これまでにも述べてきましたが、金融機関は、「返済できない調達計画」に対して、お金を貸しません。
このため、中小企業は、実際に借入れを申し込む前に、「きちんと返済できる(貸してもらえるような)調達計画」を練ることが必要です。
経営者として、少し余分に調達したい気持ちが解らない訳でもないのですが、まずは、現状の資金繰りを見直して、調達すべき資金量を割出しましょう。「必要な分を必要なだけ借りる」という気持ちで、準備してから申し込みましょう。当事務所が、申し込み前のご相談にも乗らせていただきます。

取引銀行との巧い付き合い方

最初のうちは、あまり手を広げずに、一つ二つの取引銀行に絞って付き合いましょう。
銀行の外回りの担当者とは、普段から親交を深め、たまに担当者が顔を出してくれる程度の関係構築を目指します。例えば、訪問時には、お茶のひとつも出してあげるとか、少し時間を取って会話するよう心掛けるとか、協力できる提案内容はやってあげるとか、他にもいろいろあります。
また、銀行は経営に役立つ情報を何かと持っています。会話の中で情報をもらうようにしましょう。普段から親交を深めておくと、頼みごと(借入れの申込み)のときも親身になってくれます。

もらえる助成金の上手な見つけ方

助成金を受給するためには、まず、その助成金の存在を含めて情報を知る必要があります。
しかし、助成金は、国庫からの拠出金であるため、政府は、大盤振る舞い(よく「バラマキ」と言われています)にならないよう、あまり告知を行っていません。このため、いつも注意して探している経営者の方は別ですが、本業が忙しい経営者の方には、新しい情報が入りにくいものと思われます。
当事務所は、最新の助成金情報を持っていますので、新しい助成金が出る都度、ご提案させていただきます。また、情報提供から支給申請まで一括対応しますので、受給まで任せて安心です。

ここに挙げた以外にも、中小企業の「お金」に関するノウハウは、たくさんあります。
当事務所は、中小企業の「お金」と「人」の課題をワンストップで解決できる存在として、これまでの経験に基づきより細やかなノウハウを提供します。「お金」の面の経営課題について、是非、一緒に考えていきましょう。