井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年8月29日 金曜日

厚生労働省が平成26年9月1日から「労働条件相談ほっとライン」を開設します

厚生労働省が予てから引き続いて、若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組を強化しています。

その取組強化の一環として、今度・・・

厚生労働省が平成26年9月1日から、労働条件に関して、誰でも無料で相談できる電話相談窓口「労働条件相談ほっとライン」を、開設することになりました。


開設期間は、一応、期間限定で、この9月1日から来年3月31日まで。

受付時間は、原則  平日(月・火・木・金) 17時から22時まで
              土曜日・日曜日    10時から17時まで


周知用チラシは、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





「労働条件相談ほっとライン」を開設します ~平日夜間・土日に、無料の電話相談を9月から実施~ | 厚生労働省


対応してくれる相談内容は・・・

  ○どうも違法くさい時間外労働がある、とか。
  ○過重労働によって健康障害を被った、とか。
  ○賃金不払残業がある、とか。

そういった「労働基準関係法令の違反等に関する」問題や悩み。

それらの相談に対して、専門の相談員さんが電話口から、法令・判例の説明や各関係機関の紹介などを、してくれるみたいです。

また、若者を主なターゲットとしているためか、匿名相談でもOK。携帯電話やPHSからでもOKと、割とオープンな感じです。


ちなみに、この「労働条件相談ほっとライン」の良い点は・・・

労働者の方からの相談のみならず、経営者の方からの相談にも対応してくれること、ですね。


まあ、建前上、匿名相談OKなので、その辺、誰からの相談だったか統計が取りづらいものとは思いますが、上記チラシにも載っているとおり・・・

  ○雇入通知書には、何を書けばいいの、とか。
  ○アルバイトの有給休暇は、正社員と同じなの、とか。
  ○残業時間を滅らすには、どうすればいいの、とか。

そういった経営者サイドの悩みにも対応する点は、評価できそうです。


とはいえ、やはり電話相談よりは、面と向かって(膝を突き合わせた)直接相談の方が、質問も回答も具体的になって良いのでは、と思います。

そういう人事・労務面の課題や悩みをお持ちの経営者の皆さんは、ぜひ身近な専門家の社会保険労務士にも、相談してみてくださいね。

どこの社労士も、最近は相談無料(聴くのはタダ)みたいですから(笑)。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年8月27日 水曜日

平成26年9月分から厚生年金保険の保険料率が0.354%引上げられます

事業主さんや人事の事務担当者さんにとっては、もう毎年定例の話題ですが、今年も9月分から、厚生年金保険の保険料率が引上げられます。


今回の改定では・・・
一般被保険者の保険料率が、0.354%引上げられて17.474%に。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)




こちらが、今回の料率変更に関する日本年金機構のお知らせページ。
この厚生年金保険料額表も、下記リンクからダウンロードできます。

厚生年金保険 保険料額表(平成26年9月分~) | 日本年金機構


なお、今回改定される厚生年金保険の保険料率は、平成26年9月分(同年10月納付分)から「平成27年8月分(同年9月納付分)まで」の保険料の計算に、適用されます。

このため、厚生年金保険料を給与から翌月控除している事業所の場合・・・今度の10月に支給される9月分の給与から、控除額を計算する際の料率が変わりますので、ご注意ください。


ちなみに、都道府県別の健康保険保険料額も一緒に載っている保険料額表(協会けんぽが作成・公開)は、こちら。

まあ、実際に使うときは、両方とも載っている、こちらの方が便利ですよね。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)

まずは、東京都の保険料額表。



そして、神奈川県の保険料額表。



このほかの都道府県の保険料額表も、下記リンクからダウンロードできます。どうぞ活用してください。

平成26年度保険料額表(平成26年9月~) | 全国健康保険協会



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年8月25日 月曜日

今度の10月26日に「おとなエッグドロップ甲子園」というイベントが開催されます

現在、本物の野球の甲子園が、今夏の決着を迎えているところですが、世の中には、どうやら他にも、いろいろな甲子園(笑)があるみたいです。

先日、人づてに、今度の10月26日に「おとなエッグドロップ甲子園」というイベントが開催されるらしい話を聴いて・・・

「それ何です? たまご落とすの? 大人が? へぇ〜」という感じで、面白そうだったもので、ちょっと調べてみました。


すると、元々、一定の高さから落とす「生タマゴ」を、紙だけで守る「エッグドロップ」という理科の実験が、あるのだそうですね。

私の若い頃は、そんな実験、無かったような気が(笑)。


で、その実験を流用して、高校生を対象に、ものづくりに欠かせない要素を幅広く競う趣旨の総合頭脳競技「エッグドロップ甲子園」というイベントが先にあって・・・

今度の10月に開催されるイベントは、それの「大人版」らしいです。

ちなみに、主催者は高校生版と同じ、NPO法人ものづくりキッズ基金。


そして、現在、その「おとなエッグドロップ甲子園」が、参加企業を募集中。

まあ、今度は、大人が技術を競う趣旨なので、参加単位は個人でなく、(それなりに技術力を持った)製造業を中心とした企業等、ということです。


イベントの概要は、下記ポスターのとおり。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



おとなエッグドロップ2014 : おとなエッグドロップ甲子園(開催概要)


ルールは、結構、単純です。

まずは、一定の高さから落下する生タマゴを守れるエッグプロテクターを、自社が持っている素材や技術力を集結して製作。

そして、イベント当日、そのエッグプロテクターを使って、落下する生タマゴが割れないように守るだけ。(一応は、その他項目を加味した総合評価みたいですが。)

ということは・・・技術力が自慢の企業さんにとっては、競技(遊び?)を通じて、自社の技術力や魅力(遊び心も?)を、わかりやすくアピールできる機会、になりそうですね。


ものづくりにおける「日本の技術力や発想力の粋」を、遊び心を持って競い合う・・・という、私の結構好きそうなテーマ(笑)。

現場で見れたら、きっと楽しいことでしょう。

実は私、琵琶湖でやってる「鳥人間コンテスト」とかも大好きなんです(笑)。


なお、残念なことに、まだ公式ホームページが製作中みたいで、上記リンク以外は、ほとんどのページが、まだ見られません。

そんな訳で、おとなエッグドロップ甲子園に「参戦!」と書かれたエントリーボタンを押しても、何も起こりません。

参加企業を募集中、という一方、一体どうしろっちゅうねん(笑)。

まあ、近いうちには、開通するのでしょうね。乞うご期待。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年8月22日 金曜日

今週の土日は代々木公園で「うどん天下一決定戦2014」が開催されます

麺類なら、何でも好きな方なのですが・・・

その中でも、どの麺類を一番食べているかな、と。ふと考えてみると、私の場合、それは「うどん」のような気が、するんですね。


そこで、興味が出てきて、周囲の人を眺めてみたり、聴いてみたりすると、どうやら、この傾向、皆さん同じみたいなんですね。ということは?・・・

ひょっとすると、日本人が一番好きな麺類は、「うどん」なのでは。


ただし、これは、あくまでも「多分」の話。

ラーメン命の方に対しては、先にゴメンナサイしときましょう(笑)。


まあ、そんな周辺事情もあり、世の中にはきっと、うどん絡みのイベントは多いと思われるところ、割と身近なところに、こんな話題が。


  「うどん天下一決定戦2014」 ・・・というのが開催されるそうです。


日程は、8月22日(なんと今日!)から24日(日)まで。

場所は、代々木公園B地区イベント広場。ねっ!割と身近でしょ(笑)。


お題が天下一決定戦と、凄い話なのですが、告知はこんな感じです。




  「うどん天下一決定戦2014」 公式ホームページ


地元商店街「商店街組合 表参道欅会」が主催する、日本全国から「ご当地うどん」が集まって、来場者への「販売数」と、来場者の投票による「評価得点」で競い合う、というグルメコンクール。

なお、主催者が同じイベントの「スーパーよさこい」とは同時開催です。


何でも、主催者いわく日本最大級のうどんイベント、とのことですが・・・

昨年の来場者数が、約14万人(結構、凄い数!)もいるらしいので、もしかすると、その「日本最大級」というのは、本当の話かも。

なので、ちょっと行ってみようかな、と思っているところです(笑)。


ちなみに、その同時開催の「スーパーよさこい」の方は、こんな感じ。

  「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」 公式ホームページ


正式には、「明治神宮奉納 原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2014」。

2001年から地元商店街(商店街振興組合 原宿表参道欅会)の主催で、本場高知の伝統を守りつつ、明治神宮奉納祭りとして、原宿表参道と代々木地区で、毎年8月の最終土日に開催されている、とのこと。

このため、今回の日程は、8月23日(土)と24日(日)の2日間。


明治神宮奉納とか聴くと、何だか由緒正しい、厳粛な印象を覚えるところですが、なんと、昨年の来場者数(観客動員数)は、約80万人も。

つまり・・・こちらも、かなり楽しめそう。そして、実は・・・こちらの方が、凄いイベントだったみたいですね。

という訳で、こちらも一緒に楽しんでくることに、しましょうか(笑)。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年8月20日 水曜日

今秋には東京都と神奈川県の最低賃金がまた19円ほど引き上げられそうです

毎年、この時期の経営者の話題といえば・・・

ほぼ毎年、秋に改定される、最低賃金の動向。

東京都と神奈川県の最低賃金(地域別最低賃金)は、今秋もまた、前年度並の変動幅(+19円程度)で「引き上げ」られそうです。


東京労働局と神奈川労働局が揃って、8月5日付けで、最低賃金(地域別最低賃金)を今秋、いずれも前年度と同じく19円程度、引上げる方向で決定した旨を発表しました。


  東京都最低賃金の19円引上げを答申 | 東京労働局

  神奈川県最低賃金19円の引上げへ | 神奈川労働局


地域別最低賃金の改正を検討する仕組みについては、毎年夏頃に、各都道府県の労働局長が諮問機関である各都道府県の最低賃金審議会に改正の可否や変動幅についての意見を聴き、それに対して、各最低賃金審議会が各労働局長に見解を返す(答申する)決まりですが・・・

今回の発表は、その東京地方最低賃金審議会(および神奈川地方最低賃金審議会)の東京労働局長(および神奈川労働局長)に対する答申において、今年度も引き上げることが適当、とされたことを受けたもの。


この結果、今秋の改正で、東京都と神奈川県の地域別最低賃金は、こう変動する見込みとなりました。

  ○東京都の地域別最低賃金(時間額)
   現行 869円 ⇒ (引上額 19円) 引き上げ後 888円

  ○神奈川県の地域別最低賃金(時間額)
   現行 868円 ⇒ (引上額 19円) 引き上げ後 887円


一応、現時点では、まだ見込み(「改正を決定する予定」である旨の発表)なので、今後、諸般の事情により変動する可能性は、あるんですけど・・・

その諸般の事情による変動(笑)が無ければ、各地で平成26年10月1日以降、今回発表された最低賃金が順次発効する(改正が施行される)ことになります。


このほか、近隣県を見てみると・・・埼玉労働局からも発表されていました。

 平成26年度埼玉県最低賃金の改正決定について | 埼玉労働局


埼玉県でも額は少し低めながら、引き上げられる見込みとなっています。

  ○埼玉県の地域別最低賃金(時間額)
   現行 785円 ⇒ (引上額 17円) 引き上げ後 802円


という訳で、今回も、東京とその近隣県では、引き上げ幅が大きく(軒並み現行額からは2.2%弱の引き上げ)設定されました。

こうなると、時給ベースの給与体系で、パートさん・アルバイトさんを多く雇用している事業所等には、影響が大きくなりそうですね。

この最低賃金改正の話題に関しては、これから当面、具体的な施行日の決定、各地別改定額の確定までフォローしていきたいと思います。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28