井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年4月 8日 火曜日

2014年版「中小企業白書」の表紙を飾る経営者の顔写真が募集中です

毎年、中小企業庁が「中小企業白書」という冊子を発行しています。

中小企業白書というのは、日本の中小企業・小規模事業者(日本の総企業数の99.7%を占めています)について、昨年1年間の動向をまとめた年度報告書のような存在。

今年6月に発行が予定されている「2014年版」では、「小規模事業者への応援歌」という掲載テーマの下、特に、小規模事業者にスポットライトが当てられるのだそうです。


そこで、このテーマを視覚的に表現するため、2014年版の表紙は、全国の小規模企業経営者の「明るい笑顔」の写真で埋め尽くしたいとして・・・

中小企業庁が現在、表紙を飾る経営者の顔写真を募集中です。


こんな感じで告知されています。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





そして、この顔写真を広く募集するために・・・

中小企業庁が3月27日から、顔写真の応募サイトを開設しています。

中小企業白書(2014年版)経営者の顔写真応募サイト | 中小企業庁


応募期限は、平成26年5月16日まで。


ちなみに、今回の経営者の顔写真募集は、中小企業白書としては「初の試み」なのだそうですが、次回は、おそらく掲載テーマが変わるので、募集があるかどうか判りません。

つまり、あの中小企業白書の表紙に、あなたの顔写真が掲載される「またとない」機会に、なるかもしれないということ(笑)。


また、今回は中小企業庁が「応募いただいた顔写真は必ず掲載します(会社名・氏名も巻末に掲載します)」と公言していますし・・・

現に商売をしている小規模企業経営者や個人事業主でなくとも、「未来の経営者候補(後継者や起業希望者)」でも応募できるみたいです。

という訳なので・・・

元気ある小規模企業の経営者の皆さんは、ご自身の笑顔の写真をふるって応募してみましょう。後々、ちょっとした自慢材料にもなりそうです。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月 7日 月曜日

平成25年度「おもてなし経営企業選」の選定企業が公表されました

昨年の秋、2020年オリンピック・パラリンピックの東京招致が決まった直後に、こんな記事を書きました。

経済産業省が「平成25年度おもてなし経営企業選」の募集を開始しました(平成25年9月18日記事)

まだ記憶に新しい、日本の「お・も・て・な・し」スピリット。
昨年の年末には、流行語大賞にも選ばれていましたね。


経済産業省から3月27日付けで、平成25年度「おもてなし経営企業選」の選定企業が公表されました。


前回の24年度は50社が選出され、今回の25年度は当初、30社程度が選出される予定でしたが・・・結果は28社。

こういう顔ぶれになりました。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



  28社が決定しました | おもてなし経営企業選ホームページ


上記リンクでは、選定各社のおもてなし経営の内容が紹介されています。


さて、応募総数165の中から選ばれたという今回の28社ですが・・・

関東圏では、東京の企業が最多で3社選定。埼玉・千葉で各1社ずつ。
一方で、神奈川の企業は今回も選定なし。うーん、またまた残念でした。


ただ、選定各社の顔ぶれと取組を眺めると、やはり25年度もいかにも優良そうな(おもしろい取り組みを実践している)中小企業が多かったですね。

ちなみに、昨年もこの同じ時期に、平成24年度の選定結果をご紹介(一覧表で掲載)していますので、比べてみてください。

平成24年度「おもてなし経営企業選」の選定企業が公表されました(平成25年4月9日記事)


なお、この「おもてなし経営企業選」というのは、経済産業省の主催で平成24年度に初めて開催された、まだ新しい企業表彰制度。今回が2回目の実施結果でした。

まだ現時点では、平成26年度も引き続き3回目が実施されるか否か、公表されてはいませんが、どうやら同省の思い入れは強そうなので、おそらく、やりそうな気がしますね(笑)。

なので、前回は応募しなかった中小企業さんも、今回の顔ぶれとその取組内容を励みに、ぜひ次回は挑戦(これに応募できるような前向きな経営を実践)してみましょう。

次回も(もし実施されれば、ですが)、募集開始の案内から結果発表までをフォローしていきたいと思います。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月 4日 金曜日

東京は新宿にも「新宿わかものハローワーク」が開設されました

フリーターなどの若年者層を対象として、その就労促進や正規雇用化を支援するための拠点である「わかものハローワーク」。

つい最近までは、全国3カ所(東京、大阪、愛知に各1カ所)の設置で、東京では渋谷だけ・・・でしたが、ここにきて、これを増設していく動きが。


この4月1日付けで、東京は渋谷に続いて、新宿にも「新宿わかものハローワーク」が開設されました。


場所や営業時間は、東京労働局プレスリリースのとおり。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



4月1日「新宿わかものハローワーク」グランドオープン!! | 東京労働局


でも、実際のところは、元々新宿にあった「東京キャリアアップハローワーク」が、4月1日付けで改名(東京労働局は「生まれ変わった!」と表現していますね)しただけです。

まあ、支援対象や支援内容が似ていましたからね。ここら辺で時流に乗っての「看板替え」。屋内の改装くらいはやったかもしれません。

そんな事情もあってグランドオープン・・・って、何だかパチンコ屋さんみたいな表現を使っていたんですね(笑)。


でも、わかものハローワークを増設(若者の就労支援に注力)していく動きは、どうやら本物みたいです。


この同じ時期(4月1日付けで)、お隣りの埼玉でも、さいたま市に「埼玉わかものハローワーク」が開設されました。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)

「埼玉わかものハローワーク」を4月1日にオープンします! | 埼玉労働局



支援対象は、どちらも正社員雇用を希望する若者なのですが・・・

多少、地域性もあるのでしょう。東京(新宿)では概ね「40歳」未満。埼玉では概ね「45歳」未満、という具合に対象とする層には違いがあるみたい。


でも、どちらの労働局も、これまで以上に若者の就労支援を充実させる、と意気込んでいることですし・・・

ちょうど先月1日からは、キャリアアップ助成金の「正規雇用等転換コース」の助成額も増額されています。

平成25年度補正予算により「キャリアアップ助成金」が改正されました(平成26年3月12日記事)


どうやら、これから当面の間は、若者の採用促進や正規雇用化が静かなブームになりそう。そんな予感がしてきましたね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月 3日 木曜日

平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎えると医療費の窓口負担は2割です

従来、医療費の窓口負担については、69歳までの方は「3割」負担。そして、70歳以上の方は「1割」負担、でしたね。

でも、このうち、70歳から74歳の1割負担については、「特例措置」が適用されて1割だったことを、皆さんご存じでしたか。

実は、70歳から74歳までの方の本来の負担割合(法律上の取り決め)については、平成18年の法改正により、平成20年4月以降は「2割」負担とされています。


このたび、平成26年度(同年4月2日)から、この特例措置の適用が一部見直されました。


見直すとは・・・つまり、この年齢層が本来の2割負担に戻る、ということ。

従来の70歳から74歳の方の1割負担が、前後の世代の負担に比べると軽過ぎるのではないか、という世の中の意見を反映して、より公平な仕組みを目指す、というのが今回の見直しの理由です。


厚生労働省からは、こういうご案内。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



70歳から74歳の方の医療費の窓口負担についてのお知らせ | 厚生労働省


という訳で、今回の見直しにより、平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方については、70歳の誕生月の翌月から、医療費の窓口負担が2割になるのですが・・・

一方で、平成26年4月1日までに既に70歳の誕生日を迎えていた方については、この4月以降も1割負担のまま。大きな混乱を招かないよう(笑)、引き続き特例措置の対象とされました。

つまり、現状の既得権益を守りつつ、これから4、5年、時間を掛けて・・・

最終的には、69歳までは3割負担、74歳までは2割負担、75歳以上は後期高齢者医療制度(原則1割負担)という風に、年代層別の負担割合に収斂されるのですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月 2日 水曜日

今日(4月2日)は「世界自閉症啓発デー」です

毎年4月2日は、国連が2007年に制定した「世界自閉症啓発デー」。

これに合わせ世界の各地では、いろいろイベントが開催されるみたい。


なんと、もう今日の話ですね(笑)。


東京都内では、この4月2日「世界自閉症啓発デー」に合わせて、東京タワーや東京ゲートブリッジが、「青色にライトアップ」されるそうです。

ライトアップに使われる青色は、「癒しや希望」を表す色なのだそうで・・・

東京以外でも、今日は、札幌市時計台、横浜マリンタワー、通天閣、大阪城、神戸ポートタワーなど、全国約30か所の建築物が青く照らし出される予定です。


こういうポスター等で案内されています。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)




青くライトアップされると・・・こういう感じになるんですね。

東京タワーといえば、普段の夜は「オレンジ色」の印象が強いので・・・珍しい色の東京タワーは、ちょっと見てみたいです。

今日の夕方、18時15分くらいから点灯です。どうぞお楽しみに。


4月2日は「世界自閉症啓発デー」、東京タワーを青色にライトアップします | 厚生労働省

東京ゲートブリッジをブルーにライトアップします! | 東京都

世界自閉症啓発デー 日本実行委員会<公式サイト>



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28