井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年4月30日 水曜日

パートタイム労働法が改正されました

パートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)の一部を改正する法律が、平成26年4月16日付けで成立し、4月23日付けで公布されました。


今回の改正では、パートタイム労働者の公正な待遇を確保しつつ、パートタイム労働者が納得して働くことができるように、との趣旨に基づき・・・

正社員との差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象範囲が拡大されたり、パートタイム労働者を雇い入れたときの事業主による説明義務が新設されたり。

つまりは、先行している労働契約法に対して、条文の内容を擦り合せる(法律どうしのバランスを取る)ような改正になりました。


改正内容を図示(改正法の概要)すると、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



また、改正法の施行に合わせて、周知パンフレットも公開されました。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





周知パンフレットにもあるとおり、今回の改正ポイントは主に4点。


①正社員との差別的取扱いが禁止されるパートの対象範囲が拡大!

これにより、改正法の施行後は、有期契約のパートさんという立場であっても、職務内容や責任の所在が正社員と同一(いわゆる「正社員並みの人」)なら、差別的取扱いが禁止されます。

つまり、今後は、同じ働き方なら給与等の待遇も正社員と同一基準という話になります。


②「短時間労働者の待遇の改善の原則」が新設!

これにより、上記①が補足されています。もしパートタイム労働者と正社員の待遇を相違させる場合は、その相違が一般的(客観的)に見て、合理性が認められるものでなければならない、とされました。


③パートを雇い入れたときの事業主の説明義務が新設!

これにより、雇入時の説明が義務化されました。パートさん向けの賃金制度の整備といった当然のことのみならず、今後は、「正社員転換推進措置」についても会社側から説明できるようにしておく必要がありそうですね。


④パートからの相談に対応するための体制整備義務が新設!

これにより、あらかじめ相談担当者を決めておくなど、随時の相談に応じられるような体制を整備することが義務化されました。


なお、肝心の施行日については・・・まだ決まっていません。

法律上の施行期日は「公布の日(平成26年4月23日)から起算して一年を超えない範囲内で政令で定める日」とされていますが・・・今後、正式に決まったときに、改めてお伝えしたいと思います。


このほか、この話題に関して詳しくは、下記リンクをご覧ください。

パートタイム労働法の改正について | 厚生労働省

パートタイム労働法が変わります ~短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律が公布されました~ | 厚生労働省



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月28日 月曜日

厚生労働省が仕事と介護の両立促進シンボルマークの「愛称」を募集中です

先日来、こういう話題をフォローしています。

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを募集中です(平成26年1月10日記事)

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを決定しました(平成26年4月11日記事)


厚生労働省が昨年暮れから、「仕事と介護を両立できる職場環境」を整備促進するためのシンボルマークを募集していて、先日、これが決定したことをお伝えしたところでしたが・・・この話題。実は、まだ続きがあります。


厚生労働省が先週の4月23日から、今度は、このシンボルマークの「愛称」を募集しています。

今度の募集期間は、5月20日まで。


要するに、下図キャラの分り易いネーミングのことですね。




ホームページ上の募集案内は、こんな感じ。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



「仕事と介護を両立できる職場環境」整備促進のシンボルマークの"愛称"を募集します | 厚生労働省


また、詳しい募集要項は、下記リンクから見られます。

「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク愛称募集要項


制作上、あまり細かいガイドラインは設けられておらず、シンボルマークの主旨(労働者が介護に直面しても前向きに積極的に働き続けられる明るいイメージ)が伝わる、分かりやすい愛称ならOKとのこと。

一方、誰でも応募できるのですが、シンボルマーク選定のときと同じで、当選(1作品だけ)しても賞金はありません。またまた残念(笑)。


ちなみに、このシンボルマークの正式な名称は、「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク。

・・・というのですが、これだと、やはり長過ぎて、どうにも浸透しなさそうな気がしますよね(笑)。


今の世の中、何でも分かり易くて親しみ易いものが浸透しているみたいです。そう言う意味で、やはりネーミングとは、すごく大切なもの。

このため、選定にあたっては、シンボルマークの主旨が伝わることだけではなく、「フナッシー」や「くまもん」みたいに、何だかよく解らないけど人気が出る(よく浸透する)愛称を、ぜひ選んでほしいですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月25日 金曜日

厚生労働省が「若者応援企業」のシンボルマークを募集しています

先般から、こういう話題を継続的にフォローしています。

東京労働局が4月1日から平成26年度「若者応援企業」の募集を開始します(平成26年3月18日記事)


管轄の労働局からはクリーン企業のお墨付きが受けられて、自社の宣伝にもなる良い取り組みなので、当事務所のお客さま企業には、もうバンバン「宣言」してもらっているところです(笑)。

そんな最中、厚生労働省が4月15日から、この「若者応援企業」のシンボルマークを募集しています。


募集期限は、平成26年5月30日まで。

募集案内のチラシは、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



別に役所の人が洒落を効かせたかった訳ではないのでしょうが、応募資格は、若者(35歳未満の方)限定。

また、これも若者相手だからでしょうか、応募手段はファイル添付による電子メール経由のみ。これだと、集計する役所の人は、楽で良さそうです。


ところで、昨年度から既にやっている取り組みなのに、ここにきてシンボルマークを募集する、その意図は・・・

厚生労働省としては、この若者応援企業宣言事業を当面の間、継続的に実施していくつもりがあることを意味しているのでしょうね。


そんな追い風事情がある訳ですから、若者の採用・育成に積極的な中小・中堅企業なら、早いとこ若者応援企業を「宣言」してしまいましょう。

さてさて、シンボルマークの方もどんなものになるか、楽しみです。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月24日 木曜日

厚生労働省が「雇用関係助成金併給調整一覧表」を公開しました

昨日の記事では、厚生労働省が今年度版「雇用関連助成金全体のパンフレット」を公開(HP上で配付)していることを案内しましたが・・・

今日も、厚生労働省がホームページ上で公開(配付)している助成金関連の使えそうな資料の話をしましょう。


それは、「雇用関係助成金併給調整一覧表」という資料。


まだ最近(この4月11日付けで)公開されたばかりで、便利な資料であることは間違いありませんが、ただひとつ、細か過ぎるのが難点(笑)。

要は、こういうものです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


  雇用関係助成金併給調整一覧表(共通要領 別表1、2)


さて、この資料のどこが、どう便利なのか、という話ですが・・・

雇用関係助成金は種類が多くて、よく似た制度がありますよね。

すると、当然ながら、どちらの制度を使った方が得かな、という話になる訳です。あるいは、両方とも貰えないかな、という話にも、よくなります。

そんなときに、この資料が、どの制度とどの制度は併給調整される(一緒には受給できない)、という有益な情報を示してくれます。


なお、くどいようですが、かなり細密な表なので、表示するのがちょっと重たいです。そして、パソコン画面上で見ていると、かなり肩が凝ります(笑)。

このため、できればA3くらいの大きめの紙に印刷して・・・ゆっくりと、机の上で見るのがお勧めですね。

ちなみに、別表2の方は、一覧表に書かれた番号の「解読書」です。これが無いと、表の意味が分かりません。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2014年4月23日 水曜日

平成26年度版「雇用関連助成金全体のパンフレット」が公開されています

先般、平成25年度補正予算の成立にともない、厚生労働省が管轄する雇用関係助成金の中で、労働移動支援助成金、トライアル雇用奨励金、キャリアアップ助成金、キャリア形成促進助成金辺りについて要件改正が実施されたのは、まだ記憶に新しいところ。

既に3月1日から、改正後の内容が施行された制度もありましたよね。

そして、この4月に入り新しい年度を迎えたところで、雇用関係助成金のパンフレット類は、いずれも4月1日現在の内容に刷新されました。


平成26年度版の「雇用関連助成金全体のパンフレット」が公開されて、現在、厚生労働省のホームページ上で配付されていますので、ご案内しておきたいと思います。

既に労働局やハローワークの助成金窓口には、冊子で置かれていますので、もう手に取られた経営者の方々も、いらっしゃるかもしれませんね。


こういう冊子です。ページ数が多いので、表紙だけご紹介。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)

まずは、簡略版がこちら。




そして、詳細版はこんな感じ。




この1冊を理解すれば、あなたは、もう今年度の助成金マイスター(笑)。

・・・というのは冗談です。

けっして無理はせず、正しい用法用量を守って使いましょう(笑)。その時々の事業用途に応じて、必要なときに必要な箇所を「拾い読み」するのが、実は正しい使い方です。


今年度の助成金ラインナップの傾向としては、前年度に引き続き、障害者等の特殊な採用・雇用に関する助成金と、教育訓練系統の助成金が充実していることが挙げられますね。

また、今年度はそれら加え、非正規雇用の正社員化に向けた助成金(キャリアアップ助成金など)がパワーアップして、使い易くなっています。


いろいろ種類も盛り沢山な雇用関係助成金。

経営者の皆さんは、自社の雇用・人材育成プランに合う制度を探して、ぜひ有効に活用したいものです。

そして、よく解らない部分については、もちろん、専門家である社労士に聞いてみるのが近道ですよね(笑)。

どちらのパンフレットも下記リンクからダウンロードできます。

雇用関係助成金全体のパンフレット(簡略版) | 厚生労働省

雇用関係助成金全体のパンフレット(詳細版) | 厚生労働省



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28