井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年11月30日 金曜日

日本とインドの社会保障協定が締結されました

つい先日(11月16日)、日本とインドの二国間で社会保障協定への署名がなされました。


この協定。
正式な名称は、「社会保障に関する日本国とインド共和国との間の協定」(日・インド社会保障協定)といって、日本が結ぶ16番目の社会保障協定となります。


※ここで、ちょっとだけ注釈を。
行程的には、まだ署名まで済んだだけなのですが、ブログ
記事のタイトルは、もう「締結されました」にしてあります。本来はこの後、国会での承認を経て、はじめて締結と言える訳なんですが、まあ、承認されないはずも無いですからね。


さて、それでは。
社会保障協定とは、一体、何でしょうか?

昨今の国際化が進む世界においては、結構、有効かつ便利なものですが、皆さんは、ご存知でしょうか。


ご存知のとおり最近は、企業の国際的な事業活動が盛んです。
この結果、海外に派遣されて働く日本人、日本に派遣されて働く外国人、というようなグローバルな就業形態が増えていますね。

そんな中、年金制度については、海外で働く場合、働いている国の社会保障制度に加入する必要があることから、海外に派遣されている間、日本の社会保障制度ともに保険料と二重に負担しなければならないことがあります。

また、その国から年金を受けとるためには、通常、一定期間その国の年金に加入しなければならない決まりですから、日本に戻ったりして、海外に派遣されている間の保険料が、掛け捨てになってしまうことがあります。


そこで、こういう問題を解決するために「社会保障協定」が存在します。

つまり、社会保障協定とは、
①保険料の二重負担を防止するために、加入する年金制度を二国間で調整(「適用調整」といいます)できるようにすること

②保険料が掛け捨てにならないように、協定を結んでいる国の年金制度に加入していた期間を通算して取り扱えるようにすること
、という2点の整備を狙いとして結ぶ協定です。


ちなみに、
社会保障協定の全体像は、こんな感じです。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)




また、現在の日本の締結状況は、下図のとおりです。
この度の署名により、下図の中で、これまで緑抜き(政府間交渉中)だったインドが、今後は紫抜き(署名済み)変わる、ということです。




なお、平成23年11月現在のインドにおける在留邦人数は、5,554人だそうです。あまり気にしたことがありませんでしたが、案外、日本からたくさん行っているんですね。


さて、インドは済んだとしても・・・
肝心の中国が「まだ」、ですね。


その中国とは、平成23年10月から協議中、らしいです。

相手が共産主義の国ですし、最近はあまり両国の関係もよろしくないので、まだ時間が掛かるのかもしれませんが、一方で、人的な交流が一番盛んな国同士ですから、できるだけ早い締結が待たれるところですね。


【社会保障協定の詳細はこちら】
海外で働かれている皆様へ (厚生労働省)

社会保障協定のページ (日本年金機構)



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2012年11月29日 木曜日

今年の障害者雇用状況が取りまとめられました

厚生労働省が11月14日付けで、民間企業や公的機関などにおける、平成24年の「障害者雇用状況」の集計結果を公表しました。


障害者雇用促進法では、「障害者の雇用義務がある事業主」に対し、毎年「6月1日現在」の身体障害者、知的障害者、精神障害者の雇用状況についての報告を求めています。

今回の集計結果は、その障害者雇用促進法に基づく報告を全国的に取りまとめたもので、厚生労働省から公表された全国の集計結果とあわせて、同日付けで各都道府県の労働局からも、それぞれ地域ごとの集計結果が公表されています。


ちなみに、上記の「障害者の雇用義務がある事業主」というのは、この記事を書いている今日現在では、従業員「56人以上」の事業所です。

ところが、この基準。
平成25年4月からは、従業員「50人以上」の事業所に変更されることが決まっています。新たに報告対象となる事業主さんは注意してください。


それでは、集計結果の概要を見ていきましょう。

民間企業の集計結果についてのみ、「全国」の数値に併せて「東京都・神奈川県」の地域別数値も表示します。

【民間企業(
法定雇用率1.8%)の集計結果】
○全国:
雇用障害者数は38万2,363.5人、前年比4.4%(16,164.5人)の増加。
実雇用率は1.69%、前年比0.04ポイントの上昇。
法定雇用率達成企業の割合は46.8%、前年比1.5ポイントの上昇。

○東京都(東京都内に本社を置く企業):
雇用障害者数は14万1,453.5人、前年比4.4%(5,984.5人)の増加。
実雇用率は1.66%、前年比0.05ポイントの上昇。

○神奈川県(神奈川県内に本社を置く企業):
雇用障害者数は1万5,556.0人、前年比4.4%(661.5人)の増加。
実雇用率は1.63%、前年比0.07ポイントの上昇。
法定雇用率達成企業の割合は45.1%、前年比2.7ポイントの上昇。

※全国・東京都・神奈川県のいずれの集計でも、雇用障害者数と実雇用率で過去最高値を更新、という良い結果が出ました。


【公的機関(
法定雇用率2.1%、教育委員会のみ2.0%)の集計結果】
○国:雇用障害者数は7,105.0人、実雇用率は2.31%。
○都道府県:雇用障害者数は7,882.0人、実雇用率は2.43%。
○市町村:雇用障害者数は2万3,730.5人、実雇用率は2.25%。
○教育委員会:雇用障害者数は1万2,677.5人、実雇用率1.88%。

※いずれの公的機関においても、雇用障害者数と実雇用率が前年値を上回りました。


【独立行政法人など(
法定雇用率2.1%)の集計結果】
○雇用障害者数は7647.0人、実雇用率2.13%。


まず、公的機関の数字が伸びた点については、
一応の評価はできますが・・・元々、その公的な立場から考えて、障害者等の就職困難者雇用に貢献するのが当たり前なので、まあ、あまり気にするところではありません。

一方で、これからの障害者雇用を伸ばしていくためには、職場としての絶対数が多い、民間企業の貢献は欠かせません。

このため、民間企業が、雇用障害者数と実雇用率の両方の数字において過去最高値を更新した点については、たいへん評価できる結果であるとともに、今後の障害者雇用を考える上での好材料であると考えられます。

つまり、民間企業でも、これまで以上に障害者雇用に対する意識が高まりつつある、ということですね。


【このほかの集計結果の詳細はこちら】
産業別・事業規模別など、かなり細かい数値まで載っています。

全国の集計結果(厚生労働省) 平成24年障害者雇用状況の集計結果

東京の数値(東京労働局) 平成24年「障害者雇用状況」集計結果(平成24年6月1日現在)

神奈川の数値(神奈川労働局) 平成24年障害者雇用状況の集計結果


なお、これまでの文面でも何度か登場した「法定雇用率」。
これも先日の記事で取り上げたとおり、近々、改定されることが決まっています。

民間企業の法定雇用率は、
現状1.8%ですが、平成25年4月1日からは「2.0%」に引き上げられますので、上記「障害者の雇用義務がある事業主」の基準変更と併せて注意が必要です。

法定雇用率引き上げのリーフレットです。

(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


【この話題に関連する記事はこちら】
平成25年4月から障害者の法定雇用率が引上げられます(8月8日)



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2012年11月28日 水曜日

12月1日は「世界エイズデー」です

日本では、毎年12月1日が、「世界エイズデー」とされています。


そして、これが今年の啓発ポスター。

この時期、結構あちこちで貼られているので、一度くらいは見たことがありませんか。




しかし、この「世界エイズデー」。
調べてみると、名前のとおり、世界的な活動でした。


元々、WHO(世界保健機関)が提唱・主導して、1988年に制定された世界レベルの啓蒙活動です。このため、日本だけでなく世界各国において、毎年12月1日が、「世界エイズデー(World AIDS Day)」とされています。

シンボルマークは、「レッドリボン(RED RIBBON)」。
ポスターにも載っていますし、街行く人が着けているのを見たことがありますよね。

活動の趣旨は、「エイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消」です。

日本もこの活動の趣旨に賛同して、毎年この時期、エイズ予防等に関する正しい知識を発信すべく、全国各地で様々な啓発イベントが開催されています。


では、話を戻して、「日本の」世界エイズデーのこと。


まず、今年のキャンペーンテーマは、
「"AIDS"GOES ON・・・~エイズは続いている~」です。


12月1日をターゲットに、インターネット上でも情報発信が、さかんに行われています。

【主な情報発信ページはこちら】
12月1日は「世界エイズデー」 (厚生労働省の特設ページ)

世界エイズデーについて (厚生労働省のイベントに関する報道発表資料)

12月1日は「世界エイズデー」 (エイズ予防情報ネット「API-Net」の特設ページ)


また、様々な啓発イベントが開催されていますが・・・
その中でも、注目のイベントといえば、これでしょうか。

RED RIBBON LIVE 2012。




先の連休には、東京と沖縄でも開催されました。

音楽係のイベントは、若者を中心とした世代にメッセージを発信するのに有効ですからね。このライブイベントも、平成18年から毎年開催されていて、今年も結構盛況だったみたいです。

【ライブイベントの詳細はこちら】
「レッドリボンライブ」オフィシャルサイト


さらに上記、今年の啓発ポスター。

今年は、過日行われた公募のポスターコンクールにおいて、小学生、中学生、高校生、一般の部門ごとに選ばれた最優秀賞の中から、高校生部門を受賞した作品が採用されています。

こういう自由参加型の取組みも、青少年層に関心をもってもらう、良いきっかけになりそうです。

【今年のポスターコンクールの結果はこちら】
平成24年度「世界エイズデー」ポスターコンクール審査結果


では最後に、個人的な印象をすこしだけ。

こうして世界エイズデーの活動内容を見ていくと・・・
我々、社会保険労務士にも関連が深い、「障害者雇用」に関する考え方や取組みスタンスと、なにか通じるものを感じます。


やはり、偏見を持たない、ということが大切です。

だからきっと、この世界的な活動も、普段よりちょっと強く意識してみる(認識を変えてみる)ことが大切なのでしょう。

レッドリボンなどを身に着けずとも、気持ちが、この活動に参加している。
そういうことにこそ意義があるのだ、と感じました。


【このほかの世界エイズデー関連リンクはこちら】
すぐに役立つHIVの総合情報サイト「HIVマップ」

公益財団法人エイズ予防財団

全国HIV/エイズ検査・相談窓口情報サイト「HIV検査相談マップ」



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2012年11月27日 火曜日

神奈川県では年内が「死亡災害撲滅強調期間」です

神奈川労働局では、平成24年の残り2か月間を、「死亡災害撲滅強調期間」としています。


掲げる目標は、神奈川県下全事業場での「死亡災害の発生0(ゼロ)」。

実施期間は、11月1日から年内一杯(12月31日まで)です。


ちょっと写りが悪いのですが・・・
リーフレット「全業種用」がこちら。




そして、リーフレット「建設業用」がこちら。




どうやら、平成24年度(来年3月末まで)が、神奈川労働局の「第11次労働災害防止推進計画」という計画の最終年度にあたるため、この計画の最終目標「平成24年における神奈川県内の労働災害による死亡者数45人以下、死傷者数6,000人以下」の達成を目指して、実施される強化月間とのこと。


つまりは、「今年もあと残りわずか、締まって行こう!」、ですね。

すると、この目標。
もうちょっとで達成間近、ということなのでしょうか。


しかし、下記実施要領の「背景」部分を読むと・・・
平成24年10月11日現在、神奈川県内の労働災害による死亡者数は31人、昨年同期比で7人減少。9月30日現在の死傷者数は4,294人、昨年同期比で2.0%増加。・・・となっています。

どうも全体目標の達成云々、という程の大きな意味は無いみたいです。

要するに、「残り2か月間の」死亡災害発生を0(ゼロ)に押さえよう、という目標みたいですが、この辺、ちょっと見えにくかったですね。


なお、12月31日までに実施される具体的な活動内容については、下記リンクに詳しく載っています。

【実施要領等の詳細はこちら】
「死亡災害撲滅強調期間」実施要項

〈参考〉厚生労働省からの要請文書



やはり、労働災害の抑止・防止に一番重要なことは、
いつものことながら「働く労働者一人一人の安全意識」ですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

2012年11月26日 月曜日

グリーンエネルギークリスマスと「グリーンエネルギーフォトコンテスト2012」

皆さんは、「グリーンエネルギー」って、ご存知でしょうか。


太陽光、水力、風力など自然の力を使って発電された、再生可能な地球にやさしいエネルギーのことです。日本では、先頃からの脱原発の動きと相まって、いまは、たいへん注目を集めています。


このほど、資源エネルギー庁は、到来するクリスマスシーズンに乗じて、この時期のイベントや事業活動に対してグリーンエネルギーの活用を推進する活動「グリーンエネルギークリスマス」を始めました。

実は、不勉強でよく知りませんでしたが、このイベント。
平成20年から毎年、この時期に行われていたみたいです。



今年のキャッチコピーは、「こどもたちの未来にやさしい灯りを灯そう」。
そして、こういうポスターです。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)






【活動コンセプト等の詳細はこちら】
経済産業省資源エネルギー庁の特設ページ


まずは、11月26日にキックオフのイベントとして、ららぽーと豊洲にてクリスマスツリー(全長約3メートルらしいです)の点灯式「
グリーンエネルギークリスマスセレモニー」が開催されます。なんと、今日ですね。

点灯式の概要は、下図のとおり。
ゲストで三船美佳さんが来るみたいです。行ける人は、ぜひ。



そして、11月26日以降は、公募で選ばれた全国157施設でのイルミネーションや、各地のイベント、オフィスなどにおいて、約297万kWhのグリーンエネルギーが使用される見込みです。

※ちなみに、
297万kWhというのは、一般家庭の約9,900世帯が1ヶ月間に使用する電力量に相当するとのこと。

【参加する157施設の詳細はこちら】
平成24年度グリーンエネルギー・クリスマス参加施設一覧


また、このグリーンエネルギークリスマスの開催に併せて、「グリーンエネルギーフォトコンテスト2012」が開催されます


誰でも参加できるフォトコンテストで、募集期間中に撮影した上記「157施設の写真」が応募対象。こちらも面白そうです

応募された写真は、ホームページ上で紹介され、そして当然ながら、優秀作品に選ばれると、協賛企業より表彰と賞品が授与されるそうです。

募集期間は、11月24日から12月26日まで。
写真が得意な人は、ぜひ。

【今年のフォトコンテストの詳細はこちら】
参加者募集 グリーンエネルギーフォトコンテスト2012

【昨年の優秀作品等の掲載はこちら】
平成23年度 グリーンエネルギークリスマスフォトコンテスト結果



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************

投稿者 井溝社会保険労務士事務所 | 記事URL

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28