井溝社会保険労務士事務所ブログ

2015年1月29日 木曜日

厚労省・文科省らが連携して「未内定就活生への集中支援2015」を実施中です

厚生労働省が例年、文部科学省や経済産業省と連携して実施する「新卒者の就職支援」の取り組みが、今年も始まっています。

今年の名称は・・・ 「未内定就活生への集中支援2015」。


この1月20日には、厚生労働省と文部科学省から新規大学卒業予定者等の就職内定率(昨年12月1日現在の数値)が発表されましたが・・・

その集計によると、新規「大卒」予定者の就職内定率は80.3%と、前年同期を3.7ポイント上回ったのだそうです。

おおー良かったですね。新卒者の就職環境は、順調に回復傾向です。

一方で、新規「高卒」予定者の就職内定率は84.1%と、こちらも前年同期を4.9ポイント上回ったのだそうです。

すると、だいぶ楽観視できるようになってきた訳かな。

・・・とはいえ、厚生労働省としては、この途中経過に対しても「まだ就職が決まらない学生さんも多いのだ」との、生真面目な見解。


まあ、そんな、いつもの話の流れで・・・

卒業までには1人でも多くの学生さんの就職が決定するように、と。

・・・引き続き今年も、3省連携して「新卒者の就職支援」に取り組むことが決まったようです。


集中支援期間は、平成27年1月20日から3月末まで。


今年の取組内容は、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





卒業までに1人でも多くの学生・生徒が就職できるように | 厚生労働省


支援策として今年は6つ、挙がっていますね。

ザッと見てみましたが・・・

例年と同様に、やはり「呼びかけ」的な内容が、多いようです(笑)。


ただ、先日の発表のとおり、就職内定率の数値そのものは、だいぶ改善してきています。

ひょっとすると、こういう地道な「呼びかけ」こそが、ジワジワと「縁の下の力持ち」としての効果を発揮してきたのかもしれません。

それと、景気の回復傾向も、きっと後ろ盾になっていることでしょうね。


でも、そういう前向きな動きの中にあっても・・・

厚生労働省が言うとおり、まだ決まっていない学生さんがいることも事実。

巷に、いろいろと公的な支援はありますが、就職内定を獲得するためには、今も昔も結局は、その方ご本人の頑張り(弛まぬ就職活動、一生懸命な売込み等)が一番重要なことです。

なので、まだ決まっていない学生さんは、最後まで諦めないこと。

内定を獲得するまでがラストスパートです。挫けずに頑張りましょう。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28