井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年12月26日 金曜日

次世代育成支援対策推進法認定マーク「くるみん」取得企業数が2,000社を突破

経営者の皆さんは、「くるみんマーク」というものを、ご存知でしょうか。

「くるみんマーク」というのは・・・

次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づいて、企業が従業員の仕事と子育ての両立のための行動計画を策定・実施して、その結果が一定の要件を満たし厚生労働大臣の認定を受けた場合に、自社の商品や求人広告に表示することができるマークのこと、ですね。

厚生労働省が平成19年度から、積極的に推進している取り組みのひとつでもあります。


さて、そんな「くるみんマーク」。

先般、11月には、次世代法の改正に伴ってデザインが刷新され、新しい「くるみんマーク」と「プラチナくるみんマーク」の誕生と運用開始が発表されたニュースは、まだ記憶に新しいところですが・・・

厚生労働省が12月19日に公表したところによると、この「くるみんマーク」を取得した企業数が、政府の目標値である2,000社を、やっと突破したようです。


平成19年度から取り組んでいるのですから、だいぶ歩みがのろい感じはありますが(笑)・・・

日本もやっと、仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組む企業の増加が、一定の数字に現れてきたということで、たいへん好ましい傾向です。

ちなみに、これまでの推移がグラフになると、こんな感じです。



そして、時期を同じくして、「くるみんマーク」と各自治体の「ゆるキャラ」がタイアップした新しい推進ポスターも発表されました。これは東日本版。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


「くるみん」取得企業数2,000社を達成しました!! | 厚生労働省

新「くるみんマーク」と「プラチナくるみんマーク」が誕生しました | 厚生労働省


具体的な数字では、平成26年11月末現在、2,011社とのこと。

要するに、平成22年1月の「子ども・子育てビジョン」で設定された「平成26年度末までに2,000社達成」という目標を、3月末を待たずに達成できた、という訳です。

ここ20年ほどで日本も、だいぶ働き方(あるいは、働くことについての考え方)が変化してきた、とは常々思うところですが・・・

企業が「従業員の仕事と子育ての両立」を念頭に置いて職場のあり方を考えること。これについても最近は、だいぶ浸透してきたようですね。


厚生労働省は今後、先のタイアップ・ポスターにもある通り、各自治体を巻き込みながら「くるみんマーク」の認知度を更に上げていく、としています。

このため、まだ少し敷居が高く感じる「くるみんマーク」ですが・・・

取得企業数がまだ少ないこの時期にこそ、子育てサポート企業としてのPR効果が大きくなりそうです。トライする価値は十分ありそうですね。



なお、当事務所の平成26年の営業は、本日、12月26日(金)をもって終了させていただきます。

また、来る平成27年の営業は、1月5日(月)より開始させていただきますので、改めてよろしくお願いいたします。



さらに、末筆になりましたが、この場をお借りしまして。

今年も1年、お客さま始め多くの皆様方に、たいへんお世話になりました。

ここに大きな感謝を申し上げますとともに、来年も相変わらない上向き指向で、共に歩ませていただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


それでは、皆様方どうぞ良いお年を、お迎えくださいませ。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28