井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年11月27日 木曜日

11月30日は「年金の日」そして平成26年度年金エッセイの受賞者が決定しました

今年の夏の盛り、こんな話題をお届けしました。

日本年金機構が平成26年度「わたしと年金」エッセイを募集しています(平成26年7月24日記事)


日本年金機構が毎年、夏に実施する、一般人または中学生以上の学生を対象とした、公的年金制度と関わりがあるエピソードが盛り込まれた「わたしと年金」エッセイの募集。

子供達の夏休みの課題シリーズのひとつ、として取り上げました(笑)。


これについて、日本年金機構と厚生労働省から11月21日付けで、受賞者が決定したことが発表されました。

「わたしと年金」エッセイの受賞者が決定しました | 厚生労働省

平成26年度「わたしと年金」エッセイ審査結果について | 日本年金機構


今年度は、応募者総数1,162件の中から、厚生労働大臣賞が2名、日本年金機構理事長賞が1名、優秀賞が4名、入選が2名、という結果。

そして、今年度から新設された厚生労働大臣賞の受賞者2名は、なんと双子の高校生姉弟(沖縄県)だったらしいです。身内で独占か(笑)。


ちなみに、受賞作品は、上記の日本年金機構ホームページに掲載されていて、厚生労働大臣賞ほか全作品の全文を読むことができます。

私も一応、厚生労働大臣賞の2作品だけ読んでみました。

そこで、その印象。なかなか最近の高校生は、しっかりした文章を書きますな〜。ゆとり教育が終わった成果が、こんなところにも(笑)。

一方で、大人の私は、こんな駄文ばかりでは恥ずかしい限りです。ちょっとは見習わないとね。


ところで、受賞者さん達は、今月末に実施される「年金の日」に表彰されるそうですけど・・・あれ? 「年金の日」って?

あまり聞き慣れません、よね。


実は、「年金の日」という制度が今年からスタート。

毎年「11月30日」実施なので、平成26年11月30日が、初回なんです。

その趣旨は・・・「国民お一人お一人、ねんきんネット等を活用しながら、高齢期の生活設計に思いを巡らしていただく日」というもの。


なので、当面は、ねんきんネットの利用推進日みたいな感じかな。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



ちなみに、なんで11月30日に決まったのか、というと・・・

どうやら、語呂が「いいみらい(1130)」だから、らしいですね。


なお、「年金の日」に関して詳しくは、下記リンクです。

  11月30日は「年金の日」です! | 厚生労働省



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28