井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年10月 9日 木曜日

「イクメン企業アワード2014」の受賞企業が決定しました

「イクメン」といえば・・・

子育てに積極的に参加して、子育てを楽しみながら、自分自身も成長する(成長したいと考えている)男性のこと。そんな定義らしいです。

最近は、この「イクメン」という言葉も、だいぶ定着してきましたね。


一方で、「イクメン企業アワード」といえば・・・

そんな育児に積極的に参加する男性労働者(イクメン)を応援しつつ、業務改善を図っている企業を表彰する制度。

他の企業の参考になる好事例(取組内容)として、世の中に開示して、育児と仕事の両立を推進することが狙いです。


さて、昨年度(初回)に引き続き厚生労働省(イクメンプロジェクト)が募集していた「イクメン企業アワード2014(第二回)」。

厚生労働省が10月3日付けで、2014年度の受賞企業を発表しました。


「イクメン企業アワード2014」・初の「イクボスアワード2014」の受賞企業などを決定しました | 厚生労働省


厚生労働省の発表によると、二代目グランプリ(他の模範となる取組みを推進して「実績」を挙げた企業)に輝いたのは、アース・クリエイト有限会社、という岐阜の会社。

ホームページがあったので見てみたら、路面のライン引きなどを主業にしている工事会社のようでした。

でも、従業員は20名程度と書いてあります。つまり、今回は、中小企業が受賞した、という訳ですね。


一方で、準グランプリ的な特別奨励賞(両立支援に積極的に取組みつつ「工夫」を凝らした企業)の方は、軒並み大企業。

昭和電工(東京)、住友生命(東京)、千葉銀行(千葉)、日本生命(大阪)、日立ソリューションズ(東京)、丸井グループ(東京)といった優良な6社が選ばれました


それぞれが実施した特徴的な取組みについては、下図のとおりです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)




中でも、今回のグランプリ受賞企業(建設業種)の場合だと・・・

小規模事業所で、男性従業員が多い建設業でありながら、これまでに延べ8名の男性従業員が育児休業を取得した、とのこと。

そして、両立支援に積極的に取組んだ結果、それが契機となって、会社全体で休業者をフォローしあう意識が醸成され、作業効率が向上。

時間外労働が大幅に減少して、年次有給休暇取得率も大幅に伸長(平成25年度は85%)したのだそうです。

全22名中、8名がイクメンというのも、すごい比率ですね。


これは、かなり成功した事例ではありますが、この会社のように、トップダウンで全社を挙げて取り組めば、従業員が少ない中小企業でもできる、という良い見本といえそうです

これら他社の取組を見本に、自社でも頑張って次回グランプリを目指してみよう、とか。そんな目標設定は、どうでしょうか。

目標をひとつに一丸で取り組めば、職場内の雰囲気も良くなりそうですし、他社の取組であっても良い部分は、積極的に取り入れたいものですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28