井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年9月 8日 月曜日

「仕事と介護を両立できる職場環境」整備促進シンボルマークの愛称は「トモニン」

今年に入ってから、こういう話題を度々、取り上げてきました。

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを募集中です(平成26年1月10日記事)

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを決定しました(平成26年4月11日記事)

厚生労働省が仕事と介護の両立促進シンボルマークの「愛称」を募集中です(平成26年4月28日)


厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマークを制定するにつけ、そのマーク案が公募され、3月28日付けで決定したこと。次いで、そのマークの愛称についても募集中・・・というところまで、お伝えしていたところ。

先日、シンボルマークの愛称が決定。ついに、この話題、完結です(笑)。


厚生労働省がこの8月6日付けで、公募していたシンボルマークの愛称を、178件の応募作品の中から「トモニン」に決定した、と発表しました。

これの「愛称」ことですね。




「仕事と介護を両立できる職場環境」整備促進のシンボルマークの"愛称"を「トモニン」に決定しました | 厚生労働省


ちなみに、正式名称は、「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク・・・といいますが、これだと長過ぎるし、小難しくて、どうにもこうにも、浸透しなさそうな気がします(笑)。

そこで、「トモニン」ですね。なるほど。

ちょっと「クマモン」を、意識したかのような語呂がね、似てるといえば似てるけど(笑)・・・でも、まあ、ともかく分かり易くて、親しみ易い愛称に決まって、良かったです。

最近は、ネーミングで販売の優劣が決まるほど、重要ですからね。


で、この「トモニン」。肝心の使い方はどうか、というと・・・

厚生労働省では、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組む企業に対して、この「トモニン」を、名刺、会社案内、ホームページなどに掲載して取組をアピールすることを促していく・・・としています。


つまり、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる(これから取り組もうとする)企業なら・・・

ホームページや名刺に「トモニン」を印刷して、自社の前向きさをアピールしたり、企業イメージの向上を図ったり等、いろいろ活用できるという訳。


一応、企業が「トモニン」を使う上でのマニュアル(下記リンク)が設けられているので、その趣旨とガイドラインだけは、良く理解して・・・

かしこい中小企業なら、もうバンバン、有効活用していきたいですね。

「ロゴマークマニュアル」は、こちらからダウンロードできます。

仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進のためのシンボルマークの活用について | 厚生労働省



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28