井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年8月29日 金曜日

厚生労働省が平成26年9月1日から「労働条件相談ほっとライン」を開設します

厚生労働省が予てから引き続いて、若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組を強化しています。

その取組強化の一環として、今度・・・

厚生労働省が平成26年9月1日から、労働条件に関して、誰でも無料で相談できる電話相談窓口「労働条件相談ほっとライン」を、開設することになりました。


開設期間は、一応、期間限定で、この9月1日から来年3月31日まで。

受付時間は、原則  平日(月・火・木・金) 17時から22時まで
              土曜日・日曜日    10時から17時まで


周知用チラシは、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





「労働条件相談ほっとライン」を開設します ~平日夜間・土日に、無料の電話相談を9月から実施~ | 厚生労働省


対応してくれる相談内容は・・・

  ○どうも違法くさい時間外労働がある、とか。
  ○過重労働によって健康障害を被った、とか。
  ○賃金不払残業がある、とか。

そういった「労働基準関係法令の違反等に関する」問題や悩み。

それらの相談に対して、専門の相談員さんが電話口から、法令・判例の説明や各関係機関の紹介などを、してくれるみたいです。

また、若者を主なターゲットとしているためか、匿名相談でもOK。携帯電話やPHSからでもOKと、割とオープンな感じです。


ちなみに、この「労働条件相談ほっとライン」の良い点は・・・

労働者の方からの相談のみならず、経営者の方からの相談にも対応してくれること、ですね。


まあ、建前上、匿名相談OKなので、その辺、誰からの相談だったか統計が取りづらいものとは思いますが、上記チラシにも載っているとおり・・・

  ○雇入通知書には、何を書けばいいの、とか。
  ○アルバイトの有給休暇は、正社員と同じなの、とか。
  ○残業時間を滅らすには、どうすればいいの、とか。

そういった経営者サイドの悩みにも対応する点は、評価できそうです。


とはいえ、やはり電話相談よりは、面と向かって(膝を突き合わせた)直接相談の方が、質問も回答も具体的になって良いのでは、と思います。

そういう人事・労務面の課題や悩みをお持ちの経営者の皆さんは、ぜひ身近な専門家の社会保険労務士にも、相談してみてくださいね。

どこの社労士も、最近は相談無料(聴くのはタダ)みたいですから(笑)。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28