井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年8月25日 月曜日

今度の10月26日に「おとなエッグドロップ甲子園」というイベントが開催されます

現在、本物の野球の甲子園が、今夏の決着を迎えているところですが、世の中には、どうやら他にも、いろいろな甲子園(笑)があるみたいです。

先日、人づてに、今度の10月26日に「おとなエッグドロップ甲子園」というイベントが開催されるらしい話を聴いて・・・

「それ何です? たまご落とすの? 大人が? へぇ〜」という感じで、面白そうだったもので、ちょっと調べてみました。


すると、元々、一定の高さから落とす「生タマゴ」を、紙だけで守る「エッグドロップ」という理科の実験が、あるのだそうですね。

私の若い頃は、そんな実験、無かったような気が(笑)。


で、その実験を流用して、高校生を対象に、ものづくりに欠かせない要素を幅広く競う趣旨の総合頭脳競技「エッグドロップ甲子園」というイベントが先にあって・・・

今度の10月に開催されるイベントは、それの「大人版」らしいです。

ちなみに、主催者は高校生版と同じ、NPO法人ものづくりキッズ基金。


そして、現在、その「おとなエッグドロップ甲子園」が、参加企業を募集中。

まあ、今度は、大人が技術を競う趣旨なので、参加単位は個人でなく、(それなりに技術力を持った)製造業を中心とした企業等、ということです。


イベントの概要は、下記ポスターのとおり。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



おとなエッグドロップ2014 : おとなエッグドロップ甲子園(開催概要)


ルールは、結構、単純です。

まずは、一定の高さから落下する生タマゴを守れるエッグプロテクターを、自社が持っている素材や技術力を集結して製作。

そして、イベント当日、そのエッグプロテクターを使って、落下する生タマゴが割れないように守るだけ。(一応は、その他項目を加味した総合評価みたいですが。)

ということは・・・技術力が自慢の企業さんにとっては、競技(遊び?)を通じて、自社の技術力や魅力(遊び心も?)を、わかりやすくアピールできる機会、になりそうですね。


ものづくりにおける「日本の技術力や発想力の粋」を、遊び心を持って競い合う・・・という、私の結構好きそうなテーマ(笑)。

現場で見れたら、きっと楽しいことでしょう。

実は私、琵琶湖でやってる「鳥人間コンテスト」とかも大好きなんです(笑)。


なお、残念なことに、まだ公式ホームページが製作中みたいで、上記リンク以外は、ほとんどのページが、まだ見られません。

そんな訳で、おとなエッグドロップ甲子園に「参戦!」と書かれたエントリーボタンを押しても、何も起こりません。

参加企業を募集中、という一方、一体どうしろっちゅうねん(笑)。

まあ、近いうちには、開通するのでしょうね。乞うご期待。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28