井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年7月24日 木曜日

日本年金機構が平成26年度「わたしと年金」エッセイを募集しています

一昨日の話題で、国税庁が現在、全国の高校生と中学生から「税に関する作文」を募集していることを取り上げました。

実は、あの後・・・

千代田年金事務所に行く用件があって、ロビーで順番を待ちながら周りを眺めていたときに、たまたま壁に気になるポスターを発見。

・・・今日は、それをご紹介します。


日本年金機構が現在、平成26年度「わたしと年金」という題で、エッセイを募集しています。


一昨日の税金に続いて、今日は年金(笑)。

なんでも、今回の募集は、今年11月に開催される「ねんきん月間」に合わせて、公的年金制度の普及活動の一環として実施されているのだとか。

どうやら、6月から募集していたみたいですが、世の中には、よく似た取り組みがあるものですね。


ちなみに、このポスターが貼ってありました。




募集されているのは、自分(あるいは身近な方)の公的年金制度と関わりがあるエピソードが盛り込まれたエッセイです。

これまた、公的年金の大切さ、社会保障としての公的年金の意義さえ伝われば、内容は何でもOK、というオープンなスタンス。

字数制限の「日本語で2,000字以内」に収まれば、書式も自由です。


ところで、このエッセイ募集。

日本年金機構が、厚生労働省・文部科学省・全国高等学校長協会・全国都道府県教育委員会連合会から後援を得て実施しているのだとか

このため、応募資格は、一般人または「中学生以上」の学生、です。


・・・おや。これは、ちょっと興味ありで昨年度の結果を見てみると・・・

昨年度の最優秀賞は、中学生。

そして、入賞作品の半分を中学生と高校生が占めてました。やはり、ね。


要するに、これも中学生・高校生の夏休みの課題、という訳(笑)。

頭が柔軟な若いうちに、たくさん学んで、たくさん考えて、ぜひ立派な大人になりましょう。


応募締切は、平成26年9月19日(金)。結果発表は、11月中旬です。

このほか、この話題についての詳細は下記リンクまで。

平成26年度 「わたしと年金」エッセイ募集  | 日本年金機構


ちなみに、昨年度の結果は、こんな感じでした。

平成25年度「わたしと年金」エッセイ審査結果について | 日本年金機構



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28