井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年7月22日 火曜日

国税庁が今年も全国の高校生と中学生から「税に関する作文」を募集しています

先日来、「もうすぐ子供たちは夏休みが近い」だとか何とか・・・

このところ自分が、ずっと忙しくて「ちょっとだけ休みがほしいな〜」なんて強く思っているものだから、大人のくせに、ついつい言ってましたね(笑)。

今週から子供たちは夏休みです。う〜ん、うらやましい(笑)。


そんなことで、今日も夏休みの宿題・課題の材料になりそうなものを、話題にしてみようかな。


国税庁が昨年は、こういう取り組みをやっていましたね・・・

国税庁が高校生から「税に関する高校生の作文」を募集しています(平成25年6月18日記事)

国税庁が全納連と共催で中校生から「税についての作文」を募集しています(平成25年6月19日記事)


・・・で、今年はどうなのかな、と調べてみたら・・・

やはり、今年もやっていました。毎年実施です。


国税庁が現在、全国の高校生と中学生を対象に「税に関する作文」を募集しています。


今年の募集案内のチラシは、こんな感じ。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)






高校生版でも中学生版でも作文のテーマは、「税に関すること」なら何でもOK、というオープンなスタンス。

ここで題材自由、何を書いてもいいなら、と思えば・・・

何だかいろいろ書けそうな気がしてくるのが、これまた、人間の不思議なところです(笑)。


また、1,200字以内という字数制限の指定も統一。ただし、原稿用紙の違いには注意しましょう。

応募用の原稿用紙(専用書式)が、下記リンクからダウンロードできます。

  高校生の「税に関する高校生の作文」応募用の原稿用紙

  中学生の「税についての作文」応募用の原稿用紙


なお、どちらも上手い具合に、〆切日が夏休み明けの9月初旬に設定されていますが、〆切日は微妙に違い、提出先も違います。

高校生版の方は、平成26年9月5日(金)が〆切。

こちらは、最寄りの税務署に直接提出すればよいので、学校を通さなくても応募できます。高校生の自由課題向け、といったところでしょうか。


一方で、中学生版の方は、平成26年9月4日(木)が〆切。

こちらは、所属の中学校を通じて地区納税貯蓄組合連合会宛に提出・・・なので、まさに学校が指定する夏休みの課題という感じ(笑)。


結果発表は、いずれも11月初旬です。

このほか、この話題についての詳細は下記リンクまで。

  平成26年度 中学生・高校生の税に関する作文募集 | 国税庁



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28