井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年5月23日 金曜日

厚生労働省が平成25年度大学等新卒者への就職支援の状況を公表しました

最近の新規学校卒業予定者の厳しい就職環境を踏まえて、厚生労働省・文部科学省・経済産業省が連携しながら実施している、こういう取組み。

厚生労働省が「未就職卒業生への集中支援2014」を実施します(平成26年3月26日記事)

今年の1月から3月までが「未内定就活生への集中支援2014」。それに続けて、4月から6月までが「未就職卒業生への集中支援2014」、という二段構えで構成された集中的な取組みなのですが・・・

どうやら、その成果が出ているようです。


厚生労働省と文部科学省が5月16日付けで、平成25年度新規学校卒業予定者の就職内定状況を発表しました。


今回の集計によると、先般から「未内定就活生への集中支援2014」を実施した成果により、平成26年3月卒業の大学生について、約1万7千人の就職が決定したのだそうです。

成果を図示すると、こんな感じ。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)







  大学等新卒者への就職支援の状況について | 厚生労働省


大学生のみですと、先のとおり約1万7千人だったのですが・・・

それを含む未内定者全体だと、1月から3月末まで(未内定就活生への集中支援2014の取組期間)に、約3万7千人の就職が決定しています。

前年度(約4.1万人)より数は減っていますが、まあ、成果としては良い数字と言えるのではないでしょうかね。


いまの日本は、景気が本格的に回復してきて、企業の採用活動も活発化してきて、賃金も上昇傾向に転じて・・・といった具合に、何とか「好循環に移行してくれそうな」流れの中にあります。

そんな良い雰囲気が後押ししてくれるので、就職環境も改善傾向。

つまり、「卒業したけど就職が決まってない」という人でも、一日も早く社会人としてスタートが切れるよう念じながら、くじけず頑張れば何とか道は開けそう、ということ。

厚生労働省も引き続き、ジョブサポーターによる集中的な個別支援(未就職卒業生への集中支援2014)を実施中ですから、悩んでいる人がいたら、ぜひ活用してみましょう。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28