井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年4月28日 月曜日

厚生労働省が仕事と介護の両立促進シンボルマークの「愛称」を募集中です

先日来、こういう話題をフォローしています。

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを募集中です(平成26年1月10日記事)

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを決定しました(平成26年4月11日記事)


厚生労働省が昨年暮れから、「仕事と介護を両立できる職場環境」を整備促進するためのシンボルマークを募集していて、先日、これが決定したことをお伝えしたところでしたが・・・この話題。実は、まだ続きがあります。


厚生労働省が先週の4月23日から、今度は、このシンボルマークの「愛称」を募集しています。

今度の募集期間は、5月20日まで。


要するに、下図キャラの分り易いネーミングのことですね。




ホームページ上の募集案内は、こんな感じ。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



「仕事と介護を両立できる職場環境」整備促進のシンボルマークの"愛称"を募集します | 厚生労働省


また、詳しい募集要項は、下記リンクから見られます。

「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク愛称募集要項


制作上、あまり細かいガイドラインは設けられておらず、シンボルマークの主旨(労働者が介護に直面しても前向きに積極的に働き続けられる明るいイメージ)が伝わる、分かりやすい愛称ならOKとのこと。

一方、誰でも応募できるのですが、シンボルマーク選定のときと同じで、当選(1作品だけ)しても賞金はありません。またまた残念(笑)。


ちなみに、このシンボルマークの正式な名称は、「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク。

・・・というのですが、これだと、やはり長過ぎて、どうにも浸透しなさそうな気がしますよね(笑)。


今の世の中、何でも分かり易くて親しみ易いものが浸透しているみたいです。そう言う意味で、やはりネーミングとは、すごく大切なもの。

このため、選定にあたっては、シンボルマークの主旨が伝わることだけではなく、「フナッシー」や「くまもん」みたいに、何だかよく解らないけど人気が出る(よく浸透する)愛称を、ぜひ選んでほしいですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28