井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年4月11日 金曜日

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを決定しました

今年1月、こういう記事を書きました。

厚生労働省が「仕事と介護を両立できる職場環境」のシンボルマークを募集中です(平成26年1月10日記事)


この昨年12月25日から公募されていた、「仕事と介護を両立できる職場環境」を整備促進するためのシンボルマーク・・・

厚生労働省から3月28日付けで、このシンボルマークが決定したことが発表されました。


これが、このほど厚生労働省に選定された、介護離職の未然防止に向けた職場内の取組みを普及・推進するためのシンボルマークです。



この他にも各種スローガン入りのものや、このシンボルマークを使ったバナー等もあって、下記リンクからダウンロードできます。

「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマークについて | 厚生労働省


つまり、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組んでいる(これから取り組もうとする)企業なら・・・

ホームページや名刺にこれを掲載して、自社の取組をアピールしたり、企業イメージの向上を図ったりと、いろいろ活用できそうですね。


ただし、シンボルマークの利用には簡単なガイドライン(下記リンク)が設けられているので、それだけは守りましょう。

それと、どの企業でも使える訳ではなく、事前に「両立支援のひろば」(下記リンク)から、自社の両立支援の取組を登録しておくことが必要です。

要するに、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組んでいることを「自認している企業」なら使える、ということですね。

  仕事と介護の両立支援シンボルマークマニュアル | 厚生労働省

  両立支援のひろば | 厚生労働省


※ちなみに、介護離職というのは、労働者が親や家族などの介護のために「やむを得ず」仕事を辞めること。

※介護離職者が、企業の中核的な人材である場合も少なくないので、仕事と介護を両立できる職場環境の整備を図る(人材流出を防止する)ことは、企業の持続的な発展のためにも重要な課題とされています。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28