井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年4月 3日 木曜日

平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎えると医療費の窓口負担は2割です

従来、医療費の窓口負担については、69歳までの方は「3割」負担。そして、70歳以上の方は「1割」負担、でしたね。

でも、このうち、70歳から74歳の1割負担については、「特例措置」が適用されて1割だったことを、皆さんご存じでしたか。

実は、70歳から74歳までの方の本来の負担割合(法律上の取り決め)については、平成18年の法改正により、平成20年4月以降は「2割」負担とされています。


このたび、平成26年度(同年4月2日)から、この特例措置の適用が一部見直されました。


見直すとは・・・つまり、この年齢層が本来の2割負担に戻る、ということ。

従来の70歳から74歳の方の1割負担が、前後の世代の負担に比べると軽過ぎるのではないか、という世の中の意見を反映して、より公平な仕組みを目指す、というのが今回の見直しの理由です。


厚生労働省からは、こういうご案内。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



70歳から74歳の方の医療費の窓口負担についてのお知らせ | 厚生労働省


という訳で、今回の見直しにより、平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方については、70歳の誕生月の翌月から、医療費の窓口負担が2割になるのですが・・・

一方で、平成26年4月1日までに既に70歳の誕生日を迎えていた方については、この4月以降も1割負担のまま。大きな混乱を招かないよう(笑)、引き続き特例措置の対象とされました。

つまり、現状の既得権益を守りつつ、これから4、5年、時間を掛けて・・・

最終的には、69歳までは3割負担、74歳までは2割負担、75歳以上は後期高齢者医療制度(原則1割負担)という風に、年代層別の負担割合に収斂されるのですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28