井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年3月26日 水曜日

厚生労働省が「未就職卒業生への集中支援2014」を実施します

昨年もこんな感じで、似たようなことをやっていました。

厚労省・文科省・経産省が連携して「未内定就活生への集中支援2013」を実施中(平成25年1月28日記事)


でも、実は、タイトルが少し違うんです。

「未内定就活生への・・・」という取組みと、「未就職卒業生への・・・」という取組みの2種類があって、毎年、それぞれ実施されています。

第一弾の「未内定就活生への・・・」の方は、未内定の学生・生徒に「就職をあきらめさせない」ための取組み。

一方、第二弾の「未就職卒業生への・・・」の方は、卒業までに就職できない場合に「1日でも早く就職できるよう」にする取組み、というように趣旨も少し違います。

そして、今年も4月から、この第二弾の方が実施されることになりました。


厚生労働省が3月18日付けで、新規学校卒業予定者の厳しい就職環境を踏まえた就職支援の強化、と銘打って、「未就職卒業生への集中支援2014」を実施することを発表しました。


今年の取組内容は、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)






新規学校卒業予定者の厳しい就職環境を踏まえた就職支援の強化 | 厚生労働省


集中支援期間は、4月1日から6月末まで。


ちなみに、厚生労働省と文部科学省が3月18日付けで発表した、平成25年度新規学校卒業予定者の就職内定状況によると・・・

新規大学卒業予定者の就職内定率(平成26年2月1日現在)は82.9%と前年同期を1.2ポイント上回り、新規高校卒業予定者の就職内定率(平成26年1月末現在)も90.7%と前年同期を2.4ポイント上回りました。

しかし、そんな好材料が見られる一方、新規大学卒業予定者の平成26年2月1日時点の就職希望率は75.5%と過去最高の値を示しています。

・・・これは、つまり、まだ就職先の決まっていない学生さんも多くて、皆さん、あきらめずに就職活動を続けている、ということ。


昨年と比べて、だいぶ景気も良くなってきたので、きっと新卒予定者の皆さんの「働きたい意欲」にも火がついてきたのでしょう。良い傾向ですね。

今日ご紹介したような公的支援の取組みはありますが、就職活動というものは結局のところ、本人の頑張りが一番大事です。

くじけない強い気持ちで、どうぞラストスパート(就職先が決まるまで)を頑張ってください。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28