井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年3月24日 月曜日

厚生労働省が「ベビーシッターなどを利用するときの留意点」を公開しました

先週の月曜日(3月17日)、ベビーシッターを名乗る男性の自宅から預けられた男児が遺体で発見される、という痛ましい事件が発生しましたね。

インターネットの「ベビーシッター紹介サイト」の危険性が浮き彫りになった事件として、たいへん世間を騒がせているとともに、その後も続報がニュースで伝えられているところです。


この事件の発生を受けて・・・

厚生労働省が3日19日付けで、再発防止に向けて「ベビーシッターなどを利用するときの留意点」を取りまとめ、ホームページ上に公開しました。


今回公開された留意点は、こういう10項目でした。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



  ベビーシッターなどを利用するときの留意点 | 厚生労働省


この10項目の中ですと・・・特に、2番目の「事前に面接を」。それと、5番目の「登録証の確認を」(本人確認)も重要ですね。

今回の事件のニュースを見ていても、シッター紹介サイトの運営側はシッターの本人確認をしてない等、全体的に信頼性に欠ける面(怪しいといってもいい印象)がクローズアップされています。


最近は、たしかに、ひとり親の家庭も増えました。

働きたい(働かないといけない)けれど、経済的な事情もあって、低料金の個人シッターに頼らざるを得ない、という親も少なくないのだそうです。

でも、そういう「背に腹は替えられない」事情があったとしても、お父さんお母さん、そこは自分の子どもの安全の話でしょう。

そもそも、自分の子どもを預けようとする人物が、本当に「信頼するに足る人物」かどうか。それを確認するのは親として最低限必要なことですね。


どうやら平成27年度には、政府の子育て支援の新制度として、シッター業務の一部が市町村の認可制になるのだそうです。

一時預かりが必要な場合や、ひとり親への支援が必要な場合は、住んでいる市町村に相談してみる、というのもひとつの手かもしれませんね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28