井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年3月18日 火曜日

東京労働局が4月1日から平成26年度「若者応援企業」の募集を開始します

東京労働局が3月10日付けで、新たに平成26年度「若者応援企業」の募集を開始する旨を発表しました。

受付は、都内ハローワークにて4月1日からスタート。


一応、「若者応援企業」というのは・・・

若者の採用・育成に積極的に取り組んでいる企業さんのうち、一定の基準(詳細は下記リンク等)をクリアしていて、若者応援企業であることを「宣言している」企業さんのこと。

この若者応援企業の数が、東京労働局の管内では、既に約1,000社(全国で1位)に達しています。

そして、当ブログでも先般から断続的に取上げているとおり、同局管内のハローワーク等が合同面接会の開催等を通じて、これら若者応援企業と若者求職者との「マッチング」を積極的に推進してくれています。


平成26年度分の募集案内は、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



  平成26年度「若者応援企業」の募集を開始します! | 東京労働局


東京労働局によりますと、平成26年度(4月からの1年間)は、「若者へのPRを更に強化」していくのだそうです。具体的な施策としては、以下3点。

①これまではハローワークの求人検索機でしか検索できなかった企業情報が、今後、東京労働局のHP上でも検索可能になること。(4月から運用開始予定です)

②大好評を博している「若者応援企業限定面接会」の回数を大幅に増やして、内容も更に充実させていくこと。

③「宣言しても応募者が増えない」、「採用しても定着しない」という若者応援企業に対して、求人内容のコンサルティングや採用・定着の専門支援等が実施されること。

・・・という訳で、良い話でしょう。


まあ、わかり易く言えば、まじめに事業運営している会社なら普通にクリアできるであろう条件を満たして、若者応援企業を宣言すると・・・

役所からは、最近話題のブラック企業に対抗した「クリーン企業」のお墨付きが受けられて、かつ、その役所が、企業情報の公開やら企業PRまでやってくれる・・・というお得な話。

若者の採用・育成に積極的な中小・中堅企業なら、ぜひ「宣言」しましょう。


なお、若者応援企業を宣言するためにクリアすべき一定の基準については、下記リンクをご覧ください。

  「若者応援企業宣言事業」をご活用ください! | 東京労働局



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。
****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28