井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年2月18日 火曜日

厚生労働省が今年も高年齢者が働き易い職場づくりの事例を募集しています

全ての中小企業において・・・「希望者全員が65歳まで働ける」就業環境を実現したい・・・というのが高年齢者雇用に関して、厚生労働省が目指している、目先の目標。


そういう事情の中、今年も厚生労働省が、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構との共催で「高年齢者が働きやすい職場づくりの事例」を募集しています。


ちなみに、この事例募集は毎年実施されていて・・・

 「 高年齢者雇用開発コンテスト 〜生涯現役社会の実現に向けて〜 」

・・・という高年齢者雇用の重要性を理解促進するイベントの一環。


求められているのは、高年齢者のために新たな職場や職務を設けたり、ワークシェアリング等で働き方をエ夫したり、といった高年齢者が活躍できる職場を作るための改善策や創意工夫の事例です。

そして、応募できるのは、企業(事業所単位)。

希望者全員が65歳まで働けて、更に企業の実情に応じて65歳を超えても働き続けられる(そういう制度を実際に運用している)企業の事例が求められています。


今年の募集要項は、こうなっています。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


高年齢者がいきいきと働くことのできる職場づくりの事例を広く募集します | 厚生労働省


応募テーマが(結構、細かく)8つほど設けられていますが、高年齢者の活用に創意工夫している企業なら、このうち幾つかには該当しそうですね。


募集期間は、先週の2月14日に始まったばかりで、6月10日まで。

まだまだ募集期限まで時間がありますし、特に優れた事例については、毎年10月に実施される「高年齢者雇用支援月間」で表彰されるそうです。

このため、他社(業界)に先行して、高年齢者の活用に創意工夫を凝らしている企業なら、応募して自社の取組みをアピールする機会にしよう、という考え方もありそうですね。


なお、過去の入賞事例については、下記リンクから検索できます。

高年齢者雇用開発コンテスト企業事例情報提供システム | 高齢・障害・求職者雇用支援機構



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28