井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年2月20日 木曜日

厚生労働省が平成25年の「外国人雇用状況」を公表しました

厚生労働省が1月31日付けで、平成25年の外国人雇用の届出状況(昨年10月31日現在)について、取りまとめ結果を公表しました。


今回の取りまとめ結果によると・・・

昨年10月末時点の外国人労働者数は、前年同期比で約3.5万人も増加(+5.1%)して、約72万人に。

この数字は、外国人雇用状況の届出制度が義務化されて以来、初めての70万人突破、そして、過去最高を記録したのだそうです。


このほかの結果は、下図(厚生労働省の報道発表資料)のとおり。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成25年10月末現在) | 厚生労働省


国籍別では、あいかわらず中国が断トツ、でした。

最近、両国の関係は、あまりよろしくありませんが・・・中国人就労者は、外国人雇用全体の42.4%を占めて、引き続き増加しているようです。


また一方で、ベトナムが「前年同期比+39.9%」の約3.7万人と、顕著な伸びを示したようです。

そういえば・・・当事務所のお客さま企業からも先日、「今年4月からベトナム人を、新たに2名採用する」という話を聴いたばかり。

ちなみに、そこの社長さん曰く、他国の外国人と比べると「ベトナムの人は働く姿勢がたいへん真面目」なのだそうです。つまり、日本人好みの「勤勉さ」が強み、なのですね。


現在も日本政府が積極的に留学生の受入を進めていますし、外国人側も日本で働きたい意欲は高いので、今後も外国人就労者は増えそうです。

でも、外国人の就労管理(労務管理)というもの。

就労者の母国ごとに違う慣習や考え方(これは、ちゃんと尊重してあげないとダメですよ)が絡んでくるので、これが結構、難しいんですよね。

ということで・・これからも外国人就労者が増え続けるにつれて、当然ながら外国人絡みの労務問題は増えてきそうですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28