井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年2月 6日 木曜日

平成26年度の国民年金保険料額は「月額210円」引上げられます

昨日は、今年4月以降の年金支給額が現状から0.7%引下げられる、という「貰う方」の話題を取上げましたので・・・今日は、「払う方」の話題を。


厚生労働省が1月31日付けで、平成26年度の国民年金保険料額について、現状から「210円引上げる」ことを発表しました。

年金支給額が減らされる一方で、保険料額は上がり続けます。


具体的には、今年4月以降の保険料額は、現状(月額1万5,040円)から210円引上げられて「月額1万5,250円」、とされます。


少し古い資料ですが、これが保険料額改定の仕組み。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


元々、平成16年度の法改正により、国民年金保険料額は「16,900円」になるまで、「毎年280円」引上げられることが既に決まっているのです。

でも、1年ほど前までは景気が悪くて、物価も賃金もあまり伸びていませんでしたよね。このため、そういう事情を反映して、引上げ幅が調整(予定よりも引上げ緩和)されていました。

その結果、今回発表された平成26年度の保険料額(1万5,250円)でも、当初の引上げ予定額(1万6,100円)に比べると、まだ「850円も下回っている」こと、になるのですね。


また、今回は、平成26年度の保険料額と一緒に、平成27年度の保険料額についても発表されています。

平成27年度は、月額1万5,590円(また更に・・・340円引上げ)になるらしいですよ。


保険料額改定の仕組みの詳細は、下記リンクです。

国民年金保険料の額は、どのようにして決まるのか? | 日本年金機構



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28