井溝社会保険労務士事務所ブログ

2014年1月30日 木曜日

中小企業は1月20日から投資促進税制の上乗せ措置が使えるようになりました

先日来、「産業競争力強化法」関連の情報をお届けしていますが・・・

本日(平成26年1月20日)付けで「産業競争力強化法」が施行されました(平成26年1月20日記事)

平成26年4月から中小・ベンチャー企業等の特許料が約1/3になるそうです(平成26年1月21日記事)


今日もそれ絡みで、情報をひとつ。

平成26年1月20日付けで、「産業競争力強化法」が施行されたことに伴って、資本金1億円以下の中小企業等は、同日から、中小企業投資促進税制の「上乗せ措置」が使えるようになりました。


中小企業庁の資料によれば、上乗せ措置とは、こういうものです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





中小企業投資促進税制の上乗せ措置が平成26年1月20日より使えるようになります | 中小企業庁


現在も、資本金1億円以下の中小企業等については、新品の機械を購入した場合など、その基準取得価額の30%相当額を、普通償却に加えて特別償却(中小企業投資促進税制を適用)することができます。

そして、通常は、その普通と特別の2つを合わせた償却限度額を、設備の耐用年数等に応じて、購入年度から何年もかけて償却(費用計上)していくことになる訳ですが・・・

今回の上乗せ措置により「即時償却が可能」、とされました。

つまり、30%の特別償却の部分については、その設備投資を実施した事業年度で、もう全額を費用計上してしまっても良い、ということ。

もちろん、上乗せ措置を適用される為には、先に買い物(設備投資)をする必要はある訳ですが・・・近々、設備投資の需要がある中小企業なら、それを実施した事業年度は、かなり節税できそうですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28