井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年12月 2日 月曜日

首都圏の労働局が連携した「年内就職応援キャンペーン2013」が実施されます

最近は、どこのハローワークでも、入口付近のボードに、いろいろな求人票が一杯貼られていますよね。

なので最近、求人の数自体は、結構出されているようにも感じていたのですが、世間一般には相変わらずで、「依然として厳しい雇用情勢が続いています」、とか言われています。


よくミスマッチ、と表現されますが・・・おそらく事業所側が出してくる求人内容と、求職者が求めている就業条件(主に賃金面でしょう)が上手くマッチングしていないことが、その要因なのでしょう。

しかし、そういう求職者こそ早く定職に就けたい、という役所側の思惑が。


これから年末に向け・・・神奈川労働局の主導で、首都圏の労働局等(神奈川・東京・千葉・埼玉労働局と、その管下のハロワ)が連携して、住居や生活面の支援を必要とする求職者(住居・生活困窮者)を対象とした「首都圏年内就職応援キャンペーン2013」、という運動が実施されます。

実施期間は、本日(12月2日)から12月27日まで。


実施案内は、こんな感じです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



まあ、要するに、一人でも多くの住居・生活困窮者さんに、「年内に定職を見つけて、安心して年末年始を迎えてほしい」、という趣旨。


キャンペーン期間中は、各地のハローワークでは担当者制の細かな就労支援や就職面接会、就職支援セミナーなど普通の支援策が実施されるほかに・・・専門家による多重債務相談まで実施されるみたい。

ここまで来ると、もう・・・至れり尽くせりの感あり(笑)、ですが。


個人的には・・・失業給付の受給期間が切れてからも長らく職が見つからない人は、あまり高望みはせずに、まずは一旦、どこかで定職に就くことが大切だと思います。

それは、もちろん、日々の糧を得るためにもね。

そして、そこで頑張って自分の評価を上げる(給与を上げてもらう)とか、そこを腰掛けや足掛かりにして更に上のステップ(もっと良い働き口)を目指すとか、そういう現実的な努力をしてみることです。

やってみたら案外、自分に合っていたという話も、よく聴きますからね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28