井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年11月27日 水曜日

平成25年10月分(12月の振込分)から年金支給額が改定されます

受給者に対する年金支給(振込)は、通常、2か月分を後払い。

つまり、今度の平成25年12月に振り込まれる年金支給額は、10月分と11月分、ということになりますね。


以前の記事でも、年金支給額に関する「特例水準の解消スケジュール」を話題として取り上げましたが・・・

平成25年4月から9月までの年金額は平成24年度(3月まで)と同額です(平成25年1月29日記事)


この解消スケジュールどおり、今度の12月の振込分(平成25年10月分)から、年金支給額が改定されます。


具体的には、平成25年10月分から平成26年3月分までの期間の支給額は、この9月分までの支給額に対して、「1.0%引き下げられた」額が支給されることになります。

日本年金機構と厚生労働省が出している周知チラシは、こんな感じ。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


更に詳しい情報は、下記リンク(Q&A)等をご覧ください。

平成25年10月分からの年金額の改定にかかるQ&A | 厚生労働省

平成25年10月分からの年金額の改定について | 日本年金機構



なお、今後も物価や賃金に、大きな変動がない場合は・・・

現行の解消スケジュールどおりに進みますので、平成24年4月分から更にマイナス1.0%、平成27年4月分から更にマイナス0.5%と、今後、年金支給額は順次引き下げられる予定になっています。 



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28