井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年10月 8日 火曜日

今秋スタートした新ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」について

この秋からスタートする(した)新ドラマのひとつに・・・

日本テレビ系列の「ダンダリン 労働基準監督官」があります。




原作はモーニングの連載漫画で、話の筋は簡単に下図のとおり。




今回、ドラマ化されるにあたり、労働基準監督署が舞台、女の労働基準監督官(竹内結子さん)が主人公、最近話題のブラック企業がらみの題材、ということで・・・

放送開始前から、社労士仲間の間で、結構、話題になっていました。


そして、先週の水曜日(10/2)。
ついに第1回目の放送がありまして・・・一応、見てしまいましたね。

でも実は、本来見たかったドラマがその翌週スタートで、裏番組はどれもこれもな内容の特番が多かったところに、たまたま憶えていた・・・と、いろいろ重なった結果でしたが(笑)。


さて、見てみた印象ですが・・・まあ正直、いまひとつ、でした。


その題材やストーリー・笑いどころが分からないか、というと・・・全然そんなことは無くて。むしろ個人的には、というか商売柄、身近すぎる話題なので解り過ぎるほど解ったのですが。

ただ、その一方で・・・

原作を読んだことがなくて、労基法や安衛法になじみが無い、いわゆる一般の方がこれを見た場合、おそらく訳(制作側が伝えたい部分)が解からないのではないか、という印象でした。

それと、公務員さんの中にも情に厚い人がいたり、日がな自席で新聞を読んでいる人だけではない、みたいな部分も訴えていきたい意図が見える訳ですよ。それも興ざめ要因のひとつで。


なので、万人受けする娯楽作品としては、いまひとつ。

社労士的な視点でも、話題になったほどは、面白くありませんでした。

フジテレビ系列が、これの裏番組として、同じく今秋スタートの「リーガルハイ(の続編)」をぶつけてきていますので、もう一工夫しないと、視聴率競争には負けそうな気配(笑)。


ただ、「ダンダリン」の方も、キャスト的には、そこそこの顔ぶれが揃っているので、これからの流れ次第で、可能性は無くもない感じ。




特に、佐野史郎さん(真鍋労基署長役)や、北村一輝さん(土手山監督課長役)あたりは、この後徐々に、いい味を出して来そうな期待感がありますが・・・さて、どうでしょうか。


という訳で、あれから1週めぐって、明日は水曜日。

「ダンダリン」は、(勝負の)第2回目が放送されますが・・・

個人的に明日は、本来見たかった方のドラマ、「リーガルハイ(の続編)」を見るつもりです(笑)。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28