井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年9月 3日 火曜日

厚生労働省の主導で平成25年度「食生活改善普及運動」が実施されています

この運動の重点目標は・・・

個人の食生活の中で、「毎日プラス一皿の野菜」、とのこと。


現在、厚生労働省と都道府県など地方公共団体が協調して、平成25年度「食生活改善普及運動」が実施されています。

運動の実施期間は、9月1日から同月30日まで。


今年の周知・啓発用のポスターは、こんな感じ。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



平成25年度から始まった、健康増進法に基づく「健康日本21(第二次)」の目標の1つに、「野菜と果物の摂取量の増加」が掲げられています。

そして、最近は、野菜と果物の摂取が生活習慣病の予防に効果的、という情報も広く認識されるように、なってきましたね。


しかし、近年の調査によれば、成人日本人の1日当たりの野菜の平均摂取量は、277g。

これでは、1日の摂取量の目標値(350g)に対して、一皿分の野菜(約70g程度)が不足している状況、なのだそうです。


なるほど・・・なかなか、野菜の摂取量が伸びない、と。
そういう根拠があって、「毎日プラス一皿の野菜」ですか。


また、最近の日本が目指しているのは、単なる長寿(長生きすること)ではなくて、「健康寿命」を伸ばすこと、ですからね。

そのためにも、普段から野菜をもっと摂って、食生活を改善していくことが必須、なのですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28