井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年6月28日 金曜日

中小企業庁が主催する「下請かけこみ寺」事業とは、何でしょう

中小企業庁が6月7日付けで、平成24年度の下請代金法に基づく取締状況等を取りまとめとめて、公表しました。

※ちなみに、下請代金法というのは略称で、正しくは「下請代金支払遅延等防止法」といいます。


さて、今回の公表では、中小企業庁が平成24年度に実施した、下請代金法に関する書面調査・立入検査・改善指導などの実施状況(これが「下請代金法の執行状況」というもの)が、そのメインの内容でしたが・・・

これと併せて、中小企業庁が主催する「下請かけこみ寺」事業の実施状況も公表されましたので、今日は、こちらを取り上げてみたいと思います。


この「下請かけこみ寺」というもの。

中小企業庁と経済産業省が平成20年度から、下請取引の適正化推進を狙って実施している事業で、全国48カ所に設置されています。

何をやってくれる場所かというと・・・中小企業の取引上の悩みなどについて、企業間取引や下請代金法などに詳しい相談員や弁護士が、「無料」で相談に応じてくれる場所です。


こういう、ご案内チラシですね。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





要するに、発注元(元請会社)がキチンと代金を払ってくれない、といった場合が発生したら・・・下請会社が、ここに「かけこむ」訳ですね。

フリーダイヤルが設けられていて、メールやWebフォームでの相談もあるみたいです。


更に詳しく知りたい方は、下記リンク(特設ページ)を、ご覧ください。
活用事例集、過去の相談実績と相談事例なども載っています。

下請かけこみ寺事業 | 公益財団法人全国中小企業取引振興協会


下請かけこみ寺(全国48か所)一覧


では、ここで、ちょっと話を戻して。

今回公表された全国48カ所の下請かけこみ寺の取りまとめによると・・・

平成24年度は、相談員による相談の受付が4,931件、弁護士による無料相談の受付が751件、裁判外紛争解決手続(ADR)の調停申立が30件に上った、とのこと。


これは意外にも(失礼ながら)・・・相談件数は、結構あるのですね。
ということは、もう認知度はそこそこ高い、のでしょうか。


業種別では、製造業と建設業からの相談が多くて、相談内容では、「代金未払い」が最多、それに取引中止・代金減額の相談が続くのだそうです。

たしかに、製造業と建設業といえば、下請会社をよく使う業態なので、トラブルに発展する場合も多いのでしょうね。


いまの時代、元請会社も常々安泰ではいられなくなってきましたね。


このほかの下請代金法に基づく取締状況等(中小企業庁の6月7日付け公表の内容)については、下記リンクをご覧ください。

平成24年度における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況等(概要版)

平成24年度における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況等(詳細版)

下請代金法(下請代金支払遅延等防止法)の概要



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28