井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年6月19日 水曜日

国税庁が全納連と共催で中校生から「税についての作文」を募集しています

今日は、昨日の記事の続編(中学生版)です。


国税庁が全国納税貯蓄組合連合会(略して「全納連」といいます)との共催で、こんどは、中学生からも「税についての作文」を募集しています。


では早速・・・これが、今年の募集案内のポスター。

(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



作文のテーマは、高校生版と同じ。
内容が「税に関すること」なら、題材は何でもOKです。


ただし、こちらは対象がまだ中学生なので、税に「関心を深めてもらう」というよりは・・・とにかく税にも「関心を持ってもらう」ことの方が趣旨でしょう。


また、1,200字以内で、締切りが平成25年9月6日(必着)も同じ。
ということは・・・こちらも同じく「夏休みの課題」、となる訳ですね(笑)。


特設ページ(下記リンク)から専用の原稿用紙がダウンロードできます。

  平成25年度 中学生の「税についての作文」募集開始 | 国税庁


ちなみに、昨年の中学生版は、全国から584,661編の応募が!!

昨日お伝えした高校生版の方が182,736編でしたから、その3倍以上とは・・・これは、かなりすごい数字になっていますね。

この中から、優秀な作品には、内閣総理大臣賞をはじめ総務大臣賞、財務大臣賞、文部科学大臣奨励賞などが(結構たくさん)贈られています。

平成24年度 中学生の「税についての作文」各大臣賞・国税庁長官賞等の受賞者発表


一見して、高校生版との大きな違いは、その提出先。

中学生版の方は、「所属の中学校を通じて」、地区の納税貯蓄組合連合会へ提出せよ、と明確に書かれています。


ということは・・・こちらは、学校が「完全に」一枚かんでいますね(笑)。

つまり、中学生版の方は、フリーの応募が難しそう。

でも、まあ、それくらい(学校行事のひとつ)の扱いにしないと・・・上記の応募数は、普通あり得ませんからね。ちょっと納得です。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28