井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年6月21日 金曜日

6月23日から29日までの1週間は「男女共同参画週間」です

つい先日、今月が「第28回男女雇用機会均等月間」であることをお伝えしたところですが・・・

6月は第28回男女雇用機会均等月間です(平成25年6月10日)


こんどは、ちょっと似たような名前で(笑)・・・

今週末の6月23日から29日までの1週間が、「男女共同参画週間」です。


今年の「男女共同参画週間」は、こんな感じで実施されます。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


男女共同参画週間について | 内閣府男女共同参画推進本部


今年のキャッチフレーズは・・・

  「 紅一点じゃ、足りない。 」

今年1月から2月にかけて実施された公募で、最優秀賞に選ばれた作品が使われているそうです。


さて、名前が似ている、先の男女雇用機会均等月間と比べてみると・・・

どうやら、まずは主催者が違うみたいですね。

男女共同参画週間の方は、内閣府の男女共同参画局(男女共同参画推進本部)という部門が、主催しています。


また、その根拠となる事情も違うようです。

男女共同参画週間の方は、平成11年6月23日に公布・施行された「男女共同参画社会基本法」を記念して、毎年6月23日から1週間ということで、実施期間が決められています。


このほかにも、2つの違いは、いろいろと。

男女共同参画週間の方は、男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現することが、その目的。


つまり、男女雇用機会均等月間が、職場内待遇格差の解消など運動対象を「働き方」に限定しているのに対し、男女共同参画週間は、もっと大きな視点で男女間のパートナーシップなど、「社会全体」の話をしていますね。

ということで・・・2つは全くの別物。中身は似ていない、という訳です。


とはいえ、日本では、どうもよく似た名前のキャンペーンが(これまた、よく似た時期に重なって)、開催されますよね。

まあ、互いに相乗効果のメリットは、ありそうな気がしますが・・・

名前や時期が似ていることで、それぞれの目的や特色が、かえって解りにくい(浸透しにくい)ものになっている、ということは言えそうですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28