井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年5月31日 金曜日

「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が制定されました

今日は、都内の企業さん向けに、ちょっと(取り急いで)注意しておくべき情報をお知らせします。


このたび東京都が、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(略して「自転車安全利用条例」)を、新たに制定しました。


これから約1ヶ月後・・・「平成25年7月1日から」、施行されます。


さて、これが何で、都内の企業が注意すべき情報なのか、というと・・・

この条例の施行により、都内では、通勤等で自転車を利用する従業員がいる企業に、駐輪場所を確保すること等が義務付けられるからです。


こちらが、事業主向けのご案内リーフレット。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


全ての都内企業が該当する訳ではありませんが・・・
主に以下①〜③のような会社が、規制対象となってきます。

①自転車使用事業者(仕事で従業員が自転車を利用する事業者)

②自転車通勤する従業員がいる事業者

③駐車需要を生じさせる事業者


東京都は、企業に義務を課す理由として、従業員の自転車利用は、企業にも「使用者としての一定の社会的責任」があるため、としています。


中でも特に、上記②に該当する企業。

ここが一番、該当企業が多そうで、今回の規制対象のメインです。

この②に該当する企業には・・・条例の施行後、自転車通勤する従業員のために企業側が駐輪場所を確保しているか、又は、従業員が独自で駐輪場所を確保していることを確認しているか、が求められます。


なお、この確認作業。

従業員を新たに雇ったときや、従業員の通勤の経路・手段が変わったときに、その都度、行う必要があります。

また、平成25年7月1日(条例の施行日)に在職している従業員については、同日以降「速やかに」、確認する必要があります。


そして、確認手段が「書面」。

要するに従業員に、駐輪場の利用証を見せてもらったり、書面で自己申告してもらったり、ということです・・・これだけ、ちょっと面倒臭いですね。


でも、放置自転車対策に、企業の協力が求められているのですから・・・

該当する企業は、たとえ面倒でも、確認作業を怠らないようにしましょう。
知らず知らずのうちに、自社が条例違反に当たってしまいませんようにね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28