井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年4月17日 水曜日

厚生労働省が改訂したモデル就業規則を公開しています

この4月1日から、労働関連の改正法が、いろいろと施行されましたね。

中でも、注目度の高いところは、皆さんご存知のとおり・・・・この2つ。


①労働契約法の改正
有期労働契約の反復更新の下で生じる雇止めに対する不安を解消して、働く方が安心して働き続けることができるようにするため、有期労働契約の適正な利用のためのルールが整備されました。

【厚生労働省の特設ページはこちら】
労働契約法の改正について ~有期労働契約の新しいルールができました~


②高年齢者雇用安定法の改正
定年に達した人を引き続き雇用する「継続雇用制度」の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止などを内容として改正されました。

【厚生労働省の特設ページはこちら】
高年齢者雇用安定法の改正 ~継続雇用制度の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止~


・・・ということなのですが、これら改正法の施行に合わせて、それぞれの企業では当然ながら、雇用と就業のルール(主に「就業規則」のことです)を改定する(見直す)必要が出てきますね。


そこで、そんな気運を汲み取ってか(どうかは判りませんが)・・・
厚生労働省から4月1日付けで、これら施行後の変更点が盛り込まれた、改訂版「モデル就業規則」が公開(ホームページ上に掲載)されました。


今度のモデル就業規則は、以前のものに比べて、それぞれの条文に挿まれる解説がより詳しいものになり、ここ最近の法改正への対応もひと通り盛り込まれていますので、結構、良い出来になっていると思います。


その冒頭の説明部分に、
モデル就業規則を使う心構え的な「結構良い話」が書いてありましたので、そこだけ(笑)載せておきます。

(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





なお、
モデル就業規則を使う上で「留意しておくべきこと」は・・・上にも記載があるとおり、これを「このまま丸写しで使ってはダメ」、ということです。

それぞれの会社によって、これに足すべき部分が多いでしょうし、就業実態に合わせて変更すべき箇所も多いと思いますので、この
モデル就業規則は、あくまでも「モデル(参考)」、と考えておきましょう。


一方で、全80ページを超えますが・・・一通り読めば、これからの職場ルール作りに必要なことが、大体見えてくると思いますので、ぜひ一度ダウンロードして、自社の現行就業規則と照合されることを、お勧めします。

これを、ひとつの参考として、自社の雇用と就業の「実態」にマッチした、また、法改正にも対応した、就業規則の整備・見直しを行っていきましょう。

【改訂版モデル就業規則のダウンロードこちら】
モデル就業規則について | 厚生労働省



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28