井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年3月29日 金曜日

高年齢者がいきいきと働くことのできる職場づくりの事例を募集しています

厚生労働省と独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が、先月末から「高年齢者が働きやすい職場づくりの事例」を募集しています。


募集しているのは、高年齢者のために新たな職場や職務を設けたり、ワークシェアリング等で働き方をエ夫したり、といった高年齢者が生涯現役でいきいきと働くことができる職場とするための改善策や創意工夫の事例。


今年も、平成25年度「高年齢者雇用開発コンテスト〜生涯現役社会の実現に向けて〜」のための募集です。


応募できるのは、希望者全員が65歳まで働けて、更に企業の実情に応じて65歳を超えても働き続けられる(よう実際に制度運用している)企業。


事例等募集のパンフレットは、こんな感じです。

(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


応募テーマが、8つほど設けられていますね。

応募期限は、6月10日なので、まだまだ時間があります。
受付は、各都道府県の高齢・障害者雇用支援センターです。

特に優れた事例については、毎年10月に実施される「高年齢者雇用支援月間」に表彰されるのだとか。


詳しくは、高齢・障害・求職者雇用支援機構の募集ページをご覧ください。

【高齢・障害・求職者雇用支援機構の募集ページこちら】
平成25年度高年齢者雇用開発コンテスト募集のお知らせ


ちなみに、平成24年度の入賞企業は、40社でした。

【平成24年度の結果と関連記事はこちら】
平成24年度「高年齢者雇用開発コンテスト」の入賞企業が決定しました

高年齢者雇用開発コンテストの入賞企業が決まりました(平成24年11月2日)


でも、あれあれ・・・よく見ると、平成24年度の応募総数は、87編。

ということは、応募すれば、2社に1社くらい選ばれる確率(笑)・・・
いえいえ、これは単に数字上の話。実際そんなことはありません。


まだまだ世の中に、高年齢者の雇用環境を整備している企業が少ないから、良い事例をお手本として周知したい趣旨で、このコンテストが開催されています。

ご存知のとおり、高齢者が「生涯現役でいきいきと働くことができる職場」の事例なんて、まだ、あちこちに転がっているものではありませんよね。



まずは、すべての中小企業が、目先の目標である「希望者全員が65歳まで働ける」就業環境の整備を、目指して行きましょう。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28