井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年3月12日 火曜日

父子家庭の父の均衡待遇・正社員化推進奨励金奨励金には加算額が支給されます

この3月31日で廃止が決まっている「均衡待遇・正社員化推進奨励金」。


平成25年度(4月1日)からは、新たに創設される「企業内のキャリアアップを促進するための包括的な助成制度(仮称:キャリアアップ助成金)」に整理・統合される、ことになっています。


そこで今は、このキャリアアップ助成金(仮称)について、全体像が見えてくるのを待っている、という段階なのですが・・・

これを差し置いて(笑)・・・もう廃止が決まっている「均衡待遇・正社員化推進奨励金」について、今更ながら(
3月1日付けで)、プラス方向の変更が発表されました。


さて、その変更内容とは・・・

「父子家庭の父に制度を適用した事業主に奨励金を加算して支給します!」・・・というもの。


しかし、今月で終了する助成金に、何で今頃?

まさか・・・「廃止を決めたけれど、想定以上に予算が余って」とか・・・まあ、そんなことはないでしょうけどね(笑)。

おそらく、今回の変更内容が、4月以降の新しい制度にも組み込まれるので、それを見据えて(先行して)・・・といういうことなのでしょうね。
そういう風に解釈しておきましょう、実はよく判りませんが(笑)。


肝心の変更内容は、下図のとおりです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



これまで母子家庭の母等を対象としていた加算措置が、一定要件の下、父子家庭の父にも適用される、というもの。

加算額は、それぞれ10万円。

正社員への転換または短時間正社員制度を適用した「2人目から10人目まで」が、この加算措置の対象となります。

一応、「平成25年3月31日までに・・・取組を行った場合です」という注釈が入っていますので、気を付けてください。


それにしても、後継制度となる・・・キャリアアップ助成金(仮称)とやら。
その全体像が見えてきませんね。

まあ、新年度予算の成立待ち、ということなのでしょうが、早くハッキリさせてほしいものですね。


【この助成金に関連のある記事はこちら】

均衡待遇・正社員化推進奨励金が平成25年3月31日をもって廃止予定です(平成25年2月4日)



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28