井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年3月15日 金曜日

FP技能検定試験の問題を漏洩した金融財政事情研究会が是正勧告を受けました

つい先日、こういう記事を書きました。

試験問題が事前漏洩していたFP技能検定試験は「有効」らしいです(平成25年2月27日)


これは、試験実施機関が事前に一部の試験問題を漏洩させたものの、今年の試験を無効とすることで不利益を受ける受検者が非常に多いこと等を勘案した結果、試験の実施および結果(合否)が有効と判断された。
・・・という事案についての記事でした。


この記事の結びの中で、他山の石。

つまり、「社労士試験も今後は気をつけないといけませんね」、という趣旨のことを書きましたので・・・今日は、厚生労働省から3月5日付けで発表された、この事案の続報について取り上げたいと思います。


さて、その続報とは・・・

試験問題を漏洩させた試験実施団体(一般社団法人金融財政事情研究会)に対して、3月5日付けで厚生労働大臣名の是正勧告が行われた。
・・・というもの。

これが、厚生労働省の報道発表資料の表紙です。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


是正勧告の内容には、ホームページ掲載に係る取扱い手順の明確化や、職員への秘密資料の取扱いに係る教育の実施など、まあ、当たり前のことが並んでいます。


この発表資料の中で、我々が注目すべきは、「なお」の部分ですね。

なお、今般の事案を受けて、全ての技能検定実施機関において再発防止の徹底を図るため、本日(3月5日)付けで、秘密資料の取扱いに係る手順書の作成及び教育の実施について文書により指示しました。
・・・との記載が見られます。

どうやら、「全ての」技能検定実施機関に対して、再発防止対策の指示が出されたようですね。


おそらく、厚生労働省が管轄する「全ての」技能検定実施機関のことを指しているのだと思いますので、結構一杯あるのでは。多分、社労士試験の実施機関たる全国社会保険労務士会連合会も、そのひとつでしょう。

このように、今後の情報漏洩等には対処が厳しくなりそうです。やはり、今回の
FP技能検定試験の事案を他山の石として、社労士試験も気をつけていかないといけませんね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28