井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年2月28日 木曜日

平成25年度から厚労省管轄の助成制度(雇⽤関係の助成金)が大きく変わります

厚生労働省が管轄する助成制度(雇⽤関係の助成金)について、平成25年度(4月以降)の方向性が固まったようです。


先般、
下図のとおり、厚生労働省から変更内容の案内が出されました。
ただし、この時点(笑)でも、まだ「新助成金の名称は仮称」、らしいです。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)




【この案内リーフレットのダウンロードこちら】
平成25年度から雇用関係助成金が変わります! | 厚生労働省


この機会に・・・

○新設される助成金(既存の助成金の統廃合を含む)

○継続される助成金(一部要件の変更を含む)

○廃止される助成金(平成25年3月末をもって廃止)

・・・という大きな3分類になりますが、中でも、注目されるのは・・・

やはり、新設される助成金ですよね。


しかし、上図には、ちょっと気になる言葉が。

赤字で小さく・・・「国会において平成25年度予算が成立した後に実施の予定です」、と書かれていますよ。

一方で、平成25年度予算案は・・・いまのところ、「GW連休前」の成立を目指していますよね。


ということは・・・今回
新設される8つの助成金が実際に使えるようになるのは、もう少し先、ということになりますか

なお、これらの新設助成金については、3月以降、詳細が決定するにつれて順々、このブログで解説していきたいと思っていますので、どうぞご期待ください。


それと後、気になるのは・・・
今回廃止されることになった助成金(後継制度が無い助成金)ですね。

次の11の助成金について、この3月末での廃止が決まっています。

①中小企業定年引上げ等奨励金 ※別記事あり
②高年齢者労働移動受入企業助成金(高年齢者雇用安定助成金の一部に移行され平成25年度予算成立後に廃止予定です)
③実習型試行雇用奨励金
④両立支援助成金(中小企業子育て支援助成金の部分) ※別記事あり
⑤成長分野等人材育成支援事業(本体・移籍特例・県外高度訓練の部分)
⑥3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金
⑦高年齢者職域拡大等助成金
⑧受給資格者創業支援助成金 ※別記事あり
⑨正規雇用奨励金
⑩中小企業基盤人材確保助成金 ※別記事あり
⑪3年以内既卒者トライアル雇用奨励金


もし、これらの廃止される助成金を「これから受給しよう」とする場合は・・・平成25年3月末までに、一定の(滑り込むための)要件を満たす必要がありますよ。なので、ちょっと忙しい話になりそうですね。


なお、過去の記事でも、
上記のうち、主なものを取り上げています。
これからの滑り込みに向けた、ひとつの参考としてください。

中小企業基盤人材確保助成金が平成25年3月31日をもって廃止予定です(平成25年2月5日)

平成24年度限りで受給資格者創業支援助成金は廃止されます(平成24年11月16日)

中小企業定年引上げ等奨励金は平成25年3月で廃止予定です(平成24年11月1日)

中小企業両立支援助成金(中小企業子育て支援助成金)(平成24年8月21日)



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28