井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年2月20日 水曜日

日本年金機構の「気になる年金記録・再確認キャンペーン」が始まっています

日本年金機構が厚生労働省と連携して、年金受給者や加入者(現役の被保険者)の方々を対象とした、「気になる年金記録・再確認キャンペーン」を開始しました。


キャンペーンの開始は、平成25年1月末から。

一方で、終わりの時期は、明示されていないようです。

このため、いつまでのキャンペーンかは詳しく判りませんが、しばらくの間続くのではないかな、と思われます。

【日本年金機構のキャンペーンサイトはこちら】
気になる年金記録・再確認キャンペーン | 日本年金機構


「あなたの気になる年金記録 もう一度、ご確認を!」
と、気になる呼びかけをしてくる、これが周知用のポスター。

(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)



そして、こちらが同じく周知用のパンフレット。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)




【上記パンフレット等のダウンロードはこちら】
周知用ポスター      周知用パンフレット


しかしまた、「どうして今頃?」なのでしょうか。

きっと皆さんの中には、「年金問題って、もう落ち着いたんじゃなかったの。」と思われた方も、いらっしゃるのではありませんか。


それは、ですね・・・約2,222万件もの年金記録の持ち主が、依然として、「不明」(基礎年金番号と結びついていない未統合記録の状態)のまま、だからです。(一応、昨年9月締めの数字らしいです。)

知っていましたか、この件数。

おそらく、不明件数は、その後も改善され続けていることでしょうが・・・ただ数字だけを見てしまうと、「まだ、そんなに!」という感じがしてしますね。

きっと、この辺りの件数から、埒が開かない部分なのでしょうね。


このため、このキャンペーン。
自分の記録に「漏れ」や「誤り」があるのではと心配されている方から、「心当たりの記憶」を申し出ていただく、という趣旨のものになっています。


もし、
持ち主不明の年金記録が、自分の年金記録だと判明すれば、年金額が増えますから・・・いえいえ、ここは、増える「ことも」ありますから、でしたね(笑)。申し立てても全部が認られる訳ではありません。


でも、古い時代の記録に限らず、自分の年金記録について「もれ」や「誤り」が心配な方は、この機会に、お近くの年金事務所などへ一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ちょうど「キャンペーン期間中」、ですからね。

【全国の相談・手続窓口はこちら】
日本年金機構「全国の相談・手続窓口」



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28