井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年2月 6日 水曜日

平成25年度の健康保険料率は平成24年度と同率のまま据え置かれます

全国健康保険協会(協会けんぽ)は1月30日付けで、平成25年度の健康保険料率(都道府県単位保険料率)について、今年度と同率のまま据え置く方針を決めました。


一応、この後、厚生労働大臣の認可がおり次第、正式に料率据置きが確定する見通し、というような発表のされ方でしたので、確定してから改めて正式公表があるのかもしれません。とりあえず速報です。


ともあれ、そういう訳で・・・
東京・神奈川も下記現行料率のまま、となります。


○東京都・・・・・9.97%

○神奈川県・・・9.98%


なお、新年度料率が適用されるのは、平成25年3月分健康保険料から。

給与計算の担当者さんにとっては、計算ソフトの登録料率を変更する手間が省けましたね(笑)。


その他道府県の
新年度料率については、下図のとおりです。

(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


余談ながら、協会けんぽの保険料率は、このところ数年、ずっと引き上げ基調できましたので、ここらで一旦、踏みとどまってくれて助かりましたね。

なにせ、賃金もなかなか上がりにくい、この時代です。

保険料負担が増加し続けるということは、従業員の皆さんにとっては、たちまち手取額の減少にも直結する話です。もちろん仕事の「やる気」にも影響してきますよね。


しかし一方では、高齢化の進行にともなう医療費の伸びが止まりません。

このため、予てからの懸案事項である、協会けんぽの赤字構造が抜本的には改善されない状況下での料率据置き、となっています。

日本の医療保険が、この先どうなっていくのか、気になるところですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28