井溝社会保険労務士事務所ブログ

2013年2月 4日 月曜日

均衡待遇・正社員化推進奨励金が平成25年3月31日をもって廃止予定です

今日は、これまで中小企業でよく利用されていた助成制度のひとつが、廃止される情報をお伝えしたいと思います。


その助成制度の名称は、「均衡待遇・正社員化推進奨励金」。
平成25年3月31日をもって廃止される予定です。

公式には一応、「予定です」という表示になっていますが、これはもう「廃止されます」の方が正しそうです。


ただし、この廃止。

平成25年度の新予算案に基づく決定で、4月以降(制度廃止後)は、下記リーフレットにも載っているとおり、要するに「ほかの包括的な助成制度に、もっと良い形で統合されますよ」という趣旨の発展的な廃止です。

このため、同趣旨の制度がまったく無くなってしまう、という話ではないので、ひとまずご安心を。


(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


【この助成制度の廃止案内はこちら】
〜事業主の皆さまへお知らせです〜 均衡待遇・正社員化推進奨励金は、平成25年3月31日をもって廃止予定です


では・・・いま現在、この奨励金を申請したいと思っていたのに(笑)、というような企業は、どうすれば良いのでしょうかね。

そういう企業が、この奨励金を受給するには・・・
まずは、「均衡待遇・正社員化推進奨励金の対象となる制度(※下記①〜⑤)」を、就業規則等に「新たに規定(届出)」した後、その制度を職場内に周知する等、利用できる状態にしてから、実際に今度の「3⽉31⽇までに」適用者(制度利用者)が発生すること、が必要です。

※その対象となる制度とは、
パートタイム労働者・有期契約労働者を対象に実施する・・・
①正社員転換制度(正社員化する)
②共通処遇制度(正社員と同等の処遇を適用)
③共通教育訓練制度(正社員と同等の教育訓練を実施)
④短時間正社員制度(制度利用者が出る)
⑤健康診断制度(対象者4人以上が受診)・・・という5つ。


しかし、例えば①正社員転換制度の場合などは、本来、「制度導入日から2年以内に正社員に転換すること」、が支給申請の要件でしたので、上記の話でいくと、3月31日までというのは、ちょっと忙しそうですね。


このほか、均衡待遇・正社員化推進奨励金の詳細については、下記リンク(PDF)に載っていますので、ご参照ください。

均衡待遇・正社員化推進奨励金の案内

均衡待遇・正社員化推進奨励金支給申請の手引き


なお、上記の均衡待遇・正社員化推進奨励金に代わるという、新しい「包括的な助成制度」については、現状制度からは要件等も変更されますので、後日、改めて取り上げたいと思っています。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28