井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年12月27日 木曜日

厚生労働省が提案する「犯罪被害者の方々のための休暇」とは?

このところ世間では、いろいろな事件や犯罪が増えていますね。

年末年始の気忙しい時期だから、という事情があるのでしょうか。


しかし、そんな時期や事情を踏まえてか、先頃、厚生労働省から、こういう提案がなされました。

「犯罪被害者の方々のための休暇について考えてみましょう」


これが、その提案のパンフレット。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)









ここでいう「犯罪被害者」というのは、被害者ご本人や、そのご家族またはご遺族のことです。


こういう世の中ですから、「誰もが、ある日突然、犯罪の被害者になる可能性」があり得ます。また、それが、「自分の会社の同僚や部下に当たること」もあり得えますよね。

しかし、問題なのは、そういう犯罪被害者の方々の多くが、そのことを契機とした心身の不調や裁判への出廷等のために、仕事を続けたくても「辞めざるを得ない状況」に置かれること、なのだとか。


先の厚生労働省からの提案は、こういう突発的要因による離職を防ぐために「会社として、やるべきことは?」、という投げ掛けです。

これからの会社は、社内の「休暇制度を見直す際」等など、突発的要因に依らず「その人が、仕事を続けられるように」、という視点で考えていく必要がありそうですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28