井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年12月21日 金曜日

平成25年度の雇用保険料率は現状のまま据え置かれます

厚生労働省の労働政策審議会が12月12日付けで、来年(平成25年)度の雇用保険料率を定める告示案要綱を「妥当」として、厚生労働大臣に答申しました。


この告示案要綱というもの。
正しくは「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する告示案要綱」といいますが、今回これが、「来年度も今年度と同じ料率にしたいです」という内容で挙っていました。

それにOKがでた、ということです。


この結果、平成25年度の雇用保険料率は、今年度の料率のまま据え置かれることになりました。具体的には・・・

○一般の事業 1.35%
○農林水産・清酒製造の事業 1.55%
○建設の事業 1.65%

という、今年度と同じ料率が、平成25年4月1日以降も引き続き適用されます。
給与計算の担当さんは、料率変更の手間が要らなくて(笑)、よかったですね。


なお、図示すると、こんな感じですね。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)





****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28