井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年12月13日 木曜日

特許庁が平成24年度模倣品・海賊版撲滅キャンペーンを実施しています

12月1日から、特許庁が「模倣品・海賊版を購入しない、容認しない」という消費者意識の改革を狙って、平成24年度の「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」を展開しています。


これが本年度のキャンペーンポスター。




本年度のキャンペーンでは、模倣品・海賊版を「それと知りつつ」購入する消費者に対して発信したいメッセージ、「偽物を買った人は偽者です」がキャッチコピーとされています。


このキャッチコピーが採用された背景には、近年の手口の巧妙化やインターネット取引の増加など、被害が複雑化・広範化していることとに加えて、模倣品の購入を容認する消費者が依然として「多い」状況が挙げられます。

ちなみに、先頃、内閣府が実施した知的財産に関する特別世論調査では、模倣品の購入を容認すると回答した人の割合が、調査対象全体の約半数を占めたとのことです。


こうしたことから、本年度のキャンペーンは、知的財産戦略本部・警察庁・消費者庁などの関係省庁・民間団体が協賛して、かなり幅広く実施されていて、特許庁のホームページ内には特設ページも開設されています。

【キャンペーンの特設ページはこちら】
模倣品・海賊版撲滅キャンペーン(特許庁)



この特設ページは、模倣品の購入を容認する消費者層に興味を持ってもらうことを意識していて、「模倣品・海賊版ギャラリー」、「ブランド鑑定ゲーム」やキャンペーン動画集など、ちょっと趣向を変えた作りになっています。


ちなみに、これが本年度のキャンペーン動画(30秒バージョン)。
ちょっとだけですが、一応、ユーモアも入っています。




それにしても、
模倣品・海賊版の被害が、そんなに複雑化・広範化しているとは。気付きませんでしたね。


まずは・・・「それと知りつつ」購入しないこと、ですか。
消費者それぞれの意識改革を図ることが急務、ということですね。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28