井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年11月22日 木曜日

キャリア支援企業表彰2012の受賞企業が決まりました

厚生労働省から11月6日付けで、キャリア支援企業表彰2012の受賞企業が発表されました。

第1回目の開催となる今年は、10社が「厚生労働大臣表彰」に決定したようです。


キャリア支援企業表彰2012とは、
今年から創設された、厚生労働省が主催する新しい企業表彰制度です。
このため、まだまだ認知度は低いかもしれません。


正式な名称は、
「キャリア支援企業表彰2012〜人を育て・人が育つ企業表彰〜」といいます。




制度の仕組みは、「従業員の自律的なキャリア形成」を積極的に支援する取組みを行っている企業の中から、その成果が顕著で、他の模範となるような企業について、厚生労働大臣の名前で表彰するものです。


また、この制度が設けられた背景には、65歳定年化など職業生涯の長期化や、育児をしながら働く人の増加等にともなって、働く人自らが能力を高め、希望するキャリア(職業経歴・働き方)を形成していくことが、たいへん重要なこととなりつつある社会的事情があります。


なお、制度全体のイメージは、こんな感じです。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)


さて、それでは受賞した10社ですが・・・こういう顔ぶれでした。

【厚生労働大臣表彰の受賞企業】
①アサヒビール株式会社、②東京海上日動システムズ株式会社、③株式会社博報堂、④株式会社日立製作所、⑤株式会社日立ソリューションズ、⑥日産自動車株式会社、⑦株式会社クリアテック、⑧株式会社デンソー、⑨田代珈琲株式会社、⑩株式会社長峰製作所

【それぞれの企業の取組み内容はこちら】
別紙1〜10 各受賞企業の取り組み内容(PDF)


顔ぶれを一見した印象としては、大手か、又はその関連企業が多いな、といったところですね。

受賞企業①〜⑩のうち、比較的規模が小さめの企業は、⑦(静岡県磐田市、一般機械器具製造業)、⑨(大阪府東大阪市、コーヒーの製造・販売・企画等)、⑩(香川県仲多度郡まんのう町、生産機械器具製造業)、くらいでした。


しかし、この制度。
募集は、公募制(年1回)です。

第1回目の今年は、全国から85企業の応募があったとのこと。

表彰されるのが何件なのか、ハッキリと実数では決まっていないみたいですが、一応、「原則10件以内」らしいです。
なので、毎年、10社ぐらいは選ばれるのでしょうね。


【第1回の募集概要等はこちら】
厚生労働省「キャリア支援企業表彰2012~人を育て・人が育つ企業表彰~」 ~労働者のキャリア形成支援に取り組む企業は是非ご応募ください~

こちら(中央職業能力開発協会のホームページ)にも、募集概要等が載っています。


景気の低迷にともない、
昨今はどこの会社もコスト削減を図っていますし、もともと事業を繰回す人員そのものが少ない中小企業にとっては、「従業員のキャリア形成を支援する取組み」というのは、今は、ちょっと敷居が高いテーマかもしれません。

中小企業の事業主さんからは、「まだ、そこまでは手も、カネも回らないよ」、という声が聞こえてきそうです。


ただし、この制度。
募集要件の中には、資本金がいくらとか、従業員が何人とか、定量的な要件は何もありません。

つまりは、中小企業でも応募できます。


中小企業であっても、従業員のキャリア形成に関して、自社内で特徴のある制度を実施している(成果を上げている)企業であれば、ひとつ頑張ってみても良いのでは。ぜひ次回は、積極的に応募してみましょう。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28