井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年11月19日 月曜日

経済産業省から「冬の節電」への協力要請が出されました

先頃(9月28日付けで)、夏の節電への取組みが終了したばかりの日本ですが、今年もまた新たに、冬の節電への取組みが始まります。

                     
先日、経済産業省から、今冬の節電への協力要請が出されました。


今冬の電力需給見通しについては・・・
①厳寒になった場合を想定しても、いずれの電力会社管内でも、瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる予備率3%以上を「確保できる」見通し。

②北海道電力管内も予備率5.8%を確保できる見通しであるが、他社からの電力融通に制約があること等から、電源脱落リスクへの特段の対応を行う。

・・・と想定されています。
大震災後の一時期に比べれば、最近は、それほど厳しい状況ではなくなっています。


それでは・・・以下が
(沖縄電力管内を除く)全国共通の要請内容です。

節電要請期間は、
平成24年12月3日から平成25年3月29日までの期間のうち、平日。
ただし、12月31日、および1月2日〜4日を除く。 

節電要請時間は、
午前9:00から午後9:00までの時間帯(12時間)。

このほかの電力需給対策として、
①(沖縄電力管内を除く)全国的に「数値目標を伴わない」一般的な節電要請とするが、需要家に対して節電の確実な実施を促すために、政府の見込んでいる定着節電値を目安として示す。

②北海道電力管内については、計画停電を含む停電を回避するために、「▲7%以上の数値目標付」の節電要請など、多重的な対策を行う。

・・・と打ち出されています。
やはり、平日の業務用の電力消費がポイントになりそうですね。


また、下図が「冬期平日の電気の使われ方」のイメージとして示されています。
(※画像クリックで拡大表示、枠外クリックで元に戻ります。)

夏の場合、最大電力(消費のピーク)が午後2時頃から3時頃までの昼間の時間帯であったのに対し、冬の場合、夕方に消費ピークを迎えます。


【冬の節電の関連リンクはこちら】
節電 ー電力消費をおさえるにはー (経済産業省の節電ポータルサイト)

「節電アクション」 節電.go.jp (政府の節電ポータルサイト)


【2012年度冬期の電力需給対策(PDF)はこちら】
今冬の電力需給対策について(詳細版)

今冬の電力需給対策について(概要版)


【2012年度冬期の節電メニュー(PDF)はこちら】
事業者の皆様向け節電メニュー(東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州)

ご家庭の皆様向け節電メニュー(東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州)


ということで・・・今年の冬も、ゆるやかながら節電ですね。
水温む春までは、またしばらく日本全体で、無駄な電力消費を控えるよう頑張りましょう。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28