井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年11月 9日 金曜日

経済産業省が「おもてなし経営企業選」の掲載企業を募集しています

経済産業省が「地域でひかり輝くニッポンのおもてなし企業の秘訣を発掘します」と題して、「おもてなし経営企業選」なるセレクションに該当する企業を募集しています。


この取組みは、応募された企業(「おもてなし経営」のコンセプトに合った経営を実践している企業)の中から、他の参考となるような経営事例を持つ企業を、おおむね50社程度、選出するものです。


応募期間は、11月30日まで。
応募手段は、郵送のみの受付けです。

【おもてなし経営企業選のホームページはこちら】
おもてなし企業選 〜地域でひかり輝くニッポンのおもてなし企業の秘訣を発掘します〜




ところで、「おもてなし経営」を行っている企業とは、
どういう企業のことを言うのでしょうか?

経済産業省によると、どうやら・・・
企業を取り巻く経営環境が一層の厳しさを増す中で、地域・顧客との関係を強化することにより、価格競争に陥ることなく、顧客のニーズに合致したサービスを継続的に提供しており、「顧客」のみならず「従業員」、「地域・社会」からも愛される経営を実現している企業、という定義らしいです。

こういう企業において実践されている、
①従業員の意欲と能力を最大限に引き出し、
②地域・社会との関わりを大切にしながら、
③顧客に対して高付加価値・差別化サービスを提供する、
・・・という経営の仕方を、「おもてなし経営」と称しています。


このため、50社程度の選考のあたっては、上記①〜③の取組み方が、ずばり選考ポイントになり、これらの取組みが、「どのように集客や収益に繋がっているのか」という観点から選考されます。
選考の結果は、来年3月公表です。


経済産業省としては、このセレクションをとりまとめることを通じて、「おもてなし経営」としての選出事例を、他の企業の経営改革に向けたヒントとして、または、他の企業が目指すビジネスモデルの1つとして、広く普及させたい考えです。

ただ、先日ご紹介した「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の要件とは違って、昨今の景気低迷の中では、上記の要件①〜③に適う企業は、中小企業の中では、あまり多くなさそうです。

ちょっと要件的には厳しいかな、という印象ですが・・・でも、「行けそう」と思う中小企業なら、ぜひ応募してみてください。

【応募書類のダウンロード等はこちら】
おもてなし経営企業選 応募方法のご案内


なお、経済産業省では、この取組みに併せて「おもてなし経営企業選」サポーターも募集中です。


こちらも、応募期間は、11月30日まで。

「おもてなし経営企業選」の目的・趣旨に賛同できる方で、各地域において当企業選の普及・啓蒙をサポートしてくれる有志の方、を募集しています。


肝心の「何人募集するか」が、明らかになっていませんが、サポーターに登録されたら「おもてなし経営企業選」のホームページに、名前・顔写真などを載せてくれるみたいです。
やる気のある方は、応募してみてはいかがでしょうか。

【サポーターの募集要項等はこちら】

「おもてなし経営企業選」サポーター募集



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28