井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年10月31日 水曜日

中小企業退職金共済制度をご存知ですか

中小企業が加入できる退職金制度「中小企業退職金共済制度」をご存知ですか。


中小企業退職金共済は、自力では退職金制度を設けることが難しい中小企業のために、中小企業退職金共済法に基づき作られた、国の退職金制度です。

一般的には、略して「中退共(ちゅうたいきょう)」と呼ばれていて、昭和34年の制度創設から長い歴史があります。
現在の事業運営は、独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部が行っています。


中退共の仕組みは簡単です。
①まず、事業主が中退共と退職金共済契約を結び、毎月の掛金を金融機関を通じて納付する。
②その後、従業員が退職したとき、その従業員に対して中退共から退職金が直接支払われる、というものです。

もう少し詳しくは、こちら(パンフレットの3ページ)をご覧ください。
(※図をクリックすると拡大表示されます。)




また、加入するメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

①国からの助成あり
新しく中退共に加入する事業主や、掛金月額を増額する事業主に対して、掛金の一部を国が助成してくれます。
【詳しくはこちら】 国の掛金助成について

②管理が簡単
掛金が口座振替なので納付の手間がかかりません。また、従業員ごとの納付状況や退職金の試算額などの情報が事業主の対して通知されます。

③掛金は非課税
掛金は、法人企業の場合は損金として、個人企業の場合は必要経費として、全額非課税です。

④掛金月額が選べる
従業員ごとに掛金月額を選択できます。また、加入後は、いつでも増額(一定の要件を満たせば減額)できます。
【詳しくはこちら】 掛金について

⑤納付の通算制度あり
一定の要件を満たす従業員については、掛金納付月数などの通算ができるので、勤務先を移っても、まとまった額の退職金がもらえます。
【詳しくはこちら】 通算制度について

⑥直接従業員に支払い
退職金は、勤労者退職金共済機構から直接、退職者の預金口座に振り込まれるので、支払いの手間がかかりません。
(注)一方で、事業主が従業員に代わって退職金を受け取ることはできません。

⑦福利厚生面も充実
加入企業の特典として、勤労者退職金共済機構・中退共本部が提携しているホテル、レジャー施設等を割引料金で利用できます。


このように、中退共を利用すれば、中小企業でも簡単に退職金制度を設けることができます。

また、退職金制度があることが、従業員に将来への安心感や、仕事への意欲をもたらすことが期待できますので、企業の魅力を高め、優秀な人材を獲得する目的でも、中退共の活用は有効ですね。

このため、まだ未加入の事業主の皆さんは、一度、導入を検討してみる価値があると思いますよ。

【パンフレットのダウンロードはこちら】
よくわかる中退共制度詳細版(あらまし)



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************



投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28