井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年10月17日 水曜日

改正労働契約法の施行待ち項目は平成25年4月1日に施行されます

当ブログの8月の記事で、改正労働契約法が同月10日に公布され、同日から一部改正項目が施行されたことをお伝えしました。

【関連記事はこちら】
○8月10日に改正労働契約法が公布されました
○改正労働契約法について解説します(その1)
○改正労働契約法について解説します(その2)
○改正労働契約法について解説します(その3)


この度の改正内容は、①有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換、②「雇止め法理」の法定化、③期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止の3項目でしたが・・・
このうち、公布日から施行された項目は、上記②のみでした。

残り①と③の施行時期については、公布時点ではハッキリしておらず、とりあえず「公布の日から起算して1年以内の政令で定める日」とされて、施行待ち状態にありましたね。たしか、そのときの記事でも「もう少し先の話です」と、注釈付きでお伝えしたと思います。


そこで、この施行待ちだった項目(上記①と③)ですが・・・
どうやら、来春(平成25年4月1日付けで)施行されることになりそうです。


というのは、先頃、9月19日付けで厚生労働大臣が労働政策審議会に対して行った諮問内容の公表によると、「労働契約法の一部を改正する法律附則第1項ただし書に規定する規定の施行期日を、平成25年4月1日とする」とされています。要は、施行日が決まったということですね。


これにともなって、改正労働契約法は、平成25年4月1日付けで全面施行されることになります。

先般もお伝えしましたが、有期契約労働者を雇用している事業所は、この度の改正項目に関係する労働契約書や就業規則の見直しなど、施行後の運用に対応する準備だけは早めにやっておきましょう。


下図(厚労省リーフレット)に改正の概略がまとまっていますので載せておきます。全体像のおさらいに活用できるかな、と思います。
(※図をクリックすると拡大表示されます。)











****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************


投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28