井溝社会保険労務士事務所ブログ

2012年9月28日 金曜日

都道府県別の最低賃金額が改定されます

先頃、8月23日の記事では、「東京都の最低賃金額が10月1日から850円になる」旨お伝えしたところですが、東京都以外の各都道府県の最低賃金額についても、同日と前後して順次、平成24年度の答申額に改定されます。

今年度の地域別最低賃金額の改定は、すべての都道府県において、時間額にして5円〜14円の引き上げとなりました。


そして、この改定にともない・・・
全国加重平均額は、昨年度(737円)対比12円引き上げられ、749円に。

また、改定後の地域別最低賃金額の分布では、最高額は東京都(850円)、最低額は島根県と高知県(いずれも652円)です。

さらに、地域別最低賃金額が生活保護水準と逆転している11都道府県のうち、5府県(青森、埼玉、千葉、京都、兵庫)については、逆転現象が解消されます。

ちなみに、逆転現象が継続する残り6都道府県は、北海道、宮城、東京、神奈川、大阪、広島。やはり大都市が残りますね。


なお、東京都および近隣県の改定額および発効時期(改定時期)については、以下のとおりです。

埼玉県 (改定後)771円 (前年比+12円)

千葉県 (改定後)756円 (前年比+8円)

東京都 (改定後)850円 (前年比+13円)

神奈川県 (改定後)849円 (前年比+13円)

上記4都県については、改定後の最低賃金額の発効日が、いずれも平成24年10月1日です。
関東圏の場合、
これ以外の県でも発効日は比較的早めのようです。



****************************
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

中小企業の労務管理のこと、資金調達のことなら何でも。
経営者の良き相談相手、井溝社会保険労務士事務所です。

下記よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

****************************



投稿者 井溝社会保険労務士事務所

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28